しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

『世界史』の整理が苦手で難しい?!『各国史』をやるべき3つの理由

スポンサーリンク

『世界史』が覚えづらいってすっごくわかる!!

  • 国がばらっばらで登場してくる
  • しかも突然、時代が戻ったりする
  • なんか知らん国の名前が出てきた(プロイセンとか)
  • とにかく全然繋がらねー!!

って鬱憤たまって、今にも教科書を川に捨てようとしてる人、必見です 

それぞれ国ごとの歴史がまとまってる、『各国史』を黙ってやりましょう 

 『各国史』の勉強をおすすめする理由を説明していきますね

「どこで」「何があった」について整理しやすい 

一通りの流れの『通史』の弱点は、時代と各国の歴史が代わる代わる書かれている点!

 

中国史を勉強したと思ったら、ヨーロッパ史に移り、オスマン史に移る感じ

『各国史』を勉強すると、俗に言う『縦の歴史』で整理できます

 

こんな感じに!

  • フランス史(カペー朝→ヴァロワ朝→ブルボン朝・・)
  • オスマン史(オスマン帝国からトルコ共和国・・)
  • 中国史(殷→周→東周→春秋戦国→秦→前漢→新→後漢・・)

どこの国の出来事で、いつの時代なのかがごちゃごちゃになる問題はあるあるですが、

国ごとの『縦割り』で歴史を整理することで、綺麗に歴史のストーリーをマスターできるようになりますよ

入試では『テーマ史』がたっくさん

流れの『通史』はあくまでも前段階!

本番の入試問題では、教科書通りの『通史』ではなく『テーマ史』が大半。

国や地域をテーマとして取り上げて出題されるので、『各国史』をやって損は全くないでしょう。

  • 大問1・・古代中国史
  • 大問2・・中世イスラーム史
  • 大問3・・近代ヨーロッパ史

のように特に私立大学では、地域と国のテーマの導入文で出題されます

センターの『通史』が7割オーバーしたら、『各国史』を必ずやりましょう

得意と不得意をみつけやすい

 『通史』だと、得意と不得意がなんとなくぼやけてしまいがち・・・

でも、『各国史』をやると、好き嫌いが明確になって、得意と不得意もはっきりします

  • ローマの建築と文化がめっちゃ好きだし覚えるの苦じゃない!
  • 中国って漢字が多いから覚えられんし、辛い!
  • 北欧の歴史ってあんまり書かれてないから、気になる!

な感じで、【好き・嫌い】と【得意・不得意】が国と地域で一目瞭然になります

 

得意なとこはガンガン知識を詰め込んで、受験では武器にしたい!

一方で、肝心なのは不得意な国!

  • どうして不得意なのか?
  • どうやったら不得意ではなくなるのか?

をあぶりだして、真っ先に「不得意な国の歴史」に時間を費やすべき!

世界史成績アップの為の「やるべきこと」を示してくれる灯火となります

 

世界全ての国の歴史を勉強するのがどれだけしんどいことか!

気合いと根性で『各国史』と格闘しましょう

世界史極めるならこっちも必見!