しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

『動画授業』と『参考書』の組み合わせが最速最強の勉強方法説!効率重視に勉強しようか!

スポンサーリンク

受験シーズン真っ只中!

 僕が思う、最も効率の良い勉強方法をざっと語ります

それは、『動画授業』と『参考書』の組み合わせが最強・最速ってこと!

まずは、それぞれの良い点をまとめます〜

『動画授業』のメリットはこんな!

『動画授業』って最近みんな使ってるみたい!

スタディサプリENGLISH スタディサプリ(大学受験コース)は鉄板!

今では学校でも配られてるほど、授業の代替になりつつあるようです

いつでも観れるのは神

授業って朝の8時から16時って決められてますが

 

「え、決められてるっておかしくねーか!!」

「いつでも授業受ける権利あるだろ!時間を選ばせてくれ!」

 

って希望を叶えるのが、「動画授業」の最大のメリット

 

朝早く集中できる人、夜遅くに集中できる人はみんなばらばら!

なので、1番集中できる時間を選んで授業を受けられるので、最高に融通がききます

どこでも観れるのは神

「なんで、机の前に座らなきゃなん!」

「なんで、教室の中でじーっとしてなきゃなん!」

 

って不満、高まってませんか?

 

動画授業の次に来るメリットは、「どこでも」受けられること!

気分によって変えられるのは良いですよね〜〜

イヤホン・ヘッドホンさえ持っていれば・・・

  • 図書館
  • カフェ(スタバ、ドトール、エクセルシオールなど)
  • 公園
  • 電車
  • デパートのイートインスペース

場所の制限が一切なくなります。

当たり前のようですが、教室から飛び出しても「授業」が聞けるのは革命的なんですよ 

デジタル化の流れは、教育の機会を変えまくってますね

 ペースの自由さが神

Youtubeユーザーの世代にとって・・

「なんで授業って、停止とか早送りできないん?!」

「そもそも授業って録画しとけば、何回も観れるだろうが!」
って鬱憤も溜まってるかもしれません
 
『動画授業』では、何度も同じ授業を観れるし、早送りも巻き戻しも停止も自由!
 
授業を受けるペースが完全自由ってところが超魅力でしょう
  • わかってるところはさっさと飛ばす
  • わからんところはじっくり何度も観れる
これさえ肝に銘じておけば、少なくとも普通の授業よりも成果に繋がるはず
 
50分かかってた授業も早送りで半分の時間しか使わないし、苦手なとこだけ補強できるので、「もはや、先生っていらなくね!?」っておもわず思ってしまうほど、勉強効率最強のツールですね

 

『参考書』のメリットはこんな!

 『動画授業』をさらに『参考書』で補えばもっと理想でしょう

ざっくりと『参考書』を使うことのメリットをあげますね

好きな時に好きな箇所をできるから神

動画=授業ではなく、『文字情報』から勉強できる参考書

同じく、時と場所の制限がなく勉強できるのは最大メリット!

 

参考書のイメージは・・・

  • 授業+教科書が一体になってる!

でしょう。なので『ポータブルの先生+黒板』と理解すればイイかなと思います

シンプルに、スピード効率が神

授業で聞く『音信号』よりも、『文字記号』を吸収する方がはるかに早いです

アニメを観るよりも、漫画で読んだ方が早いのはまさにそれ!

  • わかるところ(得意)はさっさと飛ばす!
  • わからんところ(苦手)はじっくりやる!

の方法で勉強ができるので、スピードの緩急をつけられるのも大の魅力ですね

市場原理を勝ち抜いてるから神

資本主義の世界では、人気のものにはどんどん価値が与えられます

じゃあ、勉強の『参考書』の中での「人気」ってなんだ〜?って時・・・

  • 使いやすくて、わかりやすい!
  • 勉強したおかげで、成績が上がった!

など、みんなの「イイね!」によって価値が付与されてきます

『市場の原理』で、良きものには定評があるため、参考書は目に見える形で評価がわかります

 

学校の授業って

「あの先生の授業わかりづらいわ〜〜・・・」

「あの先生が楽しくて、よかったのにな・・」

のように事前に先生の評価ってわからないんですね、ここが微妙!

市販(市場に参加してる)の『参考書』ならば、評価が見える化されてるので、

シンプルに、成績を上げる人気の『参考書』を選ぶだけでいいのです!

 

『動画授業』と『参考書』のコンビネーション!

『動画授業』と『参考書』の二刀流でやることが最速の成績アップ術!

 

スタディサプリENGLISH スタディサプリ(大学受験コース)は鉄板なので、他を使う必要はないでしょうね〜(こ・れ・も、市場の原理ですよ)

 

紹介した『動画』と『参考書』の美味しい所だけをとりましょう

  1. 『動画授業』を観る時には、同じ範囲の『参考書』を開く
  2. 『動画授業』で、苦手だと思ったら『参考書』の該当範囲にメモ!
  3. もう一度、苦手な所だけを観て『参考書』をさらに熟読!

スピードと効率を重視するならまずはこれで十分でしょう!

 

テクノロジーの進化につれて、教育のかたちも変わりますよね〜

教育のかたちも変われば、勉強方法も変わるのは至極当たり前!

 

時代相応の、最大効率・能率の勉強方法を模索していきたいですね〜