しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

美味しい『クラフトコーヒー』の俺的おすすめ3つ!すっきり爽やか喉越し最高です

スポンサーリンク

アイスコーヒーは朝目覚めのお供として超格別!!

僕にとって、朝のジャム塗りのパンとアイスコーヒーは欠かせないものです

 

で、最近『クラフトコーヒー』っもの流行ってないですか?

名前の響きはなんかいい!こだわってる感がありそうですね

 

ボスの『CRAFT BOSS』なんかはこんな洒落たパッケージ

f:id:makoto-endo:20180429221406p:plain

コーヒーが好きで毎日の生活のお供になっていて、

すでにボトル缶コーヒーはほぼ全ての種類を飲んでレビューもしましたが・・

 

関連記事: 俺的大好きなおすすめボトル缶ブラックコーヒー6選【ガツンと冷えた1本最強説】

 今回は、新参ボトルコーヒーの『クラフトコーヒー 』について語ります

「クラフトコーヒーって一体なんなんだ?」って疑問から、「クラフトコーヒー って実際美味しいの?」って疑問まで答えるようにに

クラフトコーヒーこそこだわり

「ペーパークラフト」の言葉を耳にしたことありますか?

 

『クラフト』って、技術を持ってる人が、技術を最大に発揮して、手間を惜しまずに作ること。時間や手間がかかるのが『クラフト』です

 

ただ、手間暇かけて時間を投資したとしても、絶対美味しくなる!とは必ずしもいえないのが、料理や食べ物の難しさです

でも、その道のプロフェッショナルがこだわりぬいて作るので、おいしさに比例していくものだと思いますね

 

クラフトコーヒー=専門家がこだわり抜いたコーヒー

です。

 

『クラフトコーヒー』って響きだけでオシャレ感のただよいは異常ですが

こだわり抜いたコーヒー全てに当てはまるわけです

例えば、『厳選豆使用』などの缶コーヒーもクラフトコーヒーって呼ばれてもいいんですね、ぶっちゃけ。

俺的オススメ気軽に買えるクラフトコーヒー

『クラフトコーヒー』の名が浸透してきて、店頭で見かけるようになりました

 ペットボトルは水やお茶と同じ感覚で飲めるし、スタイリッシュでおしゃれ!

そこで僕が愛飲してるクラフトコーヒーたちを全力で紹介します

クラフトボス(サントリー)

 

『澄み渡るコク』がテーマのこのコーヒー

コクがあるけれども、コーヒー特有のあと引きする苦味の無いのが特徴!

デスクワークや勉強のお供に、リフレッシュさせてくれる1本です

お昼からの眠気を取っ払い、夕方までの集中力持続に貢献してくれます

 

コールドブリュー(UCC)

 

UCCのクラフトコーヒー!

コールドブリューとは挽いたコーヒー豆を専用のパックに包んで、冷水の中に入れて1日ほど冷蔵庫でじっくりゆっくりと抽出したコーヒーです

 

普通のアイスコーヒーよりもうんとコクがあってまろやかな後味!

クラフトコーヒーは基本的に、苦味が残らないので爽やかですね〜

 天然水で淹れてるのはUCCの魅力で、キンキンに冷やせばコクとキレの1本になります

ジャパンクラフトマン(コカコーラ)

 

 2018年5月14日発売の、コカコーラによる新しいクラフトコーヒー!

 これも水出しのコールドブリューのコーヒーで、すっきり軽やかな口あたり

 苦味・酸味・雑味が抑えられてる分、長〜い時間少しずつ飲むのにむいてます

ジョージア独自のドリップ抽出と水出しの絶妙なバランスのブレンドですね

 

グラス風のペットボトルデザインもいけてます

オフィスや勉強のデスクにおくだけでもオシャレ感でます〜

すっきりリフレッシュならクラフトコーヒー一択!

これらクラフトコーヒー全部は、後の苦味が無くてスッキリ爽やかな風味が特徴です

10分少々のコーヒーブレイクというよりも

3〜6時間くらいかけて少しずつ喉の渇きを潤し、脳の持続的なリフレッシュに最適です!

 

いつでもどこでも飲めるように、カバンにひょっこりと忍ばせたいところ!

でも、カフェインが夜まで続くと夕方くらいまでにはのみ終わりたい!

 

すっきり、爽やか、集中力の持続とリフレッシュにクラフトコーヒーをぜひどうぞ!