しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

遠距離恋愛(国際恋愛)でじわじわ愛情を深めるための話題3選!

スポンサーリンク

グローバルな時代、グローバルなラブも多く芽生える!

寂しい、寂しい、辛い、恋しい感情をうまくコントロール人が国際恋愛をキープできます。

今回は、遠距離国際恋愛で、愛をより深められる話題を3つ語ります。

 

どれだけ離れてたって、どれだけ時間が違ってもそれを乗り越えようじゃないか!

僕の経験から言えること、全部語りたい!

 

*国際恋愛のきっかけについてはこの記事を参照してください

www.makoto-sencho.com

 

ビデオ通話は絶対したほうがいい!

https://cdn.pixabay.com/photo/2015/02/27/08/08/street-art-651815__340.jpg

 

会う頻度は、半年に1回、長期休暇ごとに1回くらい会える日があれば理想ですが、

国際恋愛ではなかなかそうはいきません。

 

日本からの場合は、海を超えた想いを保つことが大切!

そんな時に、現代人の恩恵であるビデオ通話をふんだんに使いましょう。

 

 一昔前だと、国際電話は1時間で数千円かかってかなり高額でしたが、

今は、「無料」の通話アプリを使って会話を楽しむことができますね。

LINEやSkypeがあれば問題ありません。

 

 

で、恋愛関係≒信頼関係なので、離れていても信頼関係を深めることです。

国際遠距離恋愛であれば、小中高の出会いではないはず。

なので、話題の選択のセンスが恋愛を左右すると言っても過言ではないのです。

 

将来なにがしたいかの話

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/22/10/33/pregnancy-1848916__340.jpg

 

将来どこにいたいか、どんな仕事したいか、どんな生活をしたいか。

2人でどんなことをやって過ごして、生活したいのか。

話すネタは無限にあるでしょう!

 

将来に向けての2人の未来像、お互いにとって理想のライフスタイルを語ること。

海を越えて離れている愛だからこそ、お互いの将来像の一致が大切なんです。

 

 

どちらかの住んでる国の首都でごりごり働きたい。

どちらかの住んでる国の田舎で、のんびり自然に囲まれたい。

どこか別の国で、(例えば英語圏で)、新しい生活を始めたい。

 

どちらかが国を移らなければならないのが、国際恋愛のユニークな問題でしょう。

そしてどちらかが将来的に親のいる国を離れるため、心の準備として将来の話をよくするべきなのです。

 

スポンサーリンク

 

昔はどんな子だったかの話

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/06/28/02/15/retro-1483781__340.jpg

国際恋愛の場合、留学生としての出会いがない限り、学生時代の出会いはありません。

これが意味するのは、幼少期から青年期の過去のストーリーをお互い知らないということ!

信頼がずっと強い愛情を深めたいなら、どんなふうに育ったかお互いに語りましょう。

 

「ちっちゃい頃、お母さんにめっちゃ怒られて泣いたよおお」

「あの時、将来は看護師になろうと思ってた!!」

「高校の時、お父さんと喧嘩しすぎて、家出しちゃった」

 

育ちを話すと何を考えていたのかもわかるようになってきますよね。

何を考えていたのかを知れれば、今の彼氏・彼女のことをもっと深く理解できます。

 

育ちのバックグラウンドは、今の価値観を作ります。

すごく抽象的かもしれませんが、どんな人なのかを知るには過去を知るべきです。

 

ましてやお互い育った国が違うので、すべてが違います。

食べるものから、住む家のルール、そして学校の勉強まで、ぜんぶです。

 

 

思った以上に、たくさんの違いを発見することでしょう。

違いを拒絶するのでなく、楽しめ合えると良いですね。

海を越えた愛情を育むための大切なコミュニケーションです。

 

今日なにする・したの話

https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/13/00/37/heart-3149536__340.jpg

最後の3つ目の話題はこれ!日常の会話のど定番、今日何したか話です。

時差のある国際恋愛ならではの醍醐味でしょう。

 

日本とアメリカは13時間、ヨーロッパは7時間、インドは4時間の時差があります。

 

寝る時間は、相手にとっての起きる時間。

起きる時間は、相手にとっての寝る時間。

 

このように他愛もない日常の会話にさえ時差があるのです。

 

「今日、美味しいレストラン行ってきたよ!来た時一緒に行こうね!」

「もうすぐ、寝るけど明日の朝起こしてね〜おやすみ〜」

 

自分の今日のイベントは、相手にとっての未来や過去の日のものになります。

地球と太陽が作りだす時差の中を生きているんだと実感します。

 

どれだけ離れていても、時間が違くても、

他愛のない会話をお互い楽しむことは、愛情関係の長続きには欠かせません。

 

海を越えた国際恋愛こそ、毎日の細かな瞬間を2人のものとして共有しましょう。

相手が嬉しい時には一緒に喜んで、悲しい時には一緒に悲しむのです。

気持ちのやりとりの積み重ねはいずれ大きな愛情となるはずです。

そして、相手の地にいる誰にも奪うことのできない信頼となるのです!

国際遠距離恋愛でも関係ない

遠距離恋愛の究極なかたちである国際恋愛。

けれども、愛情の深めかたは他の恋愛とは全く違いはありません。

 

毎日の気持ちを共有して、昔のことや将来のことをしっかり語りあう。

これからの2人の関係を丁寧に育んでいく姿勢がとても大切です。

 

恋愛関係と信頼関係は、名前は違えど、実態はおんなじですよね。

誰よりも信頼できる存在になり、誰よりも信頼してもらえる存在となることです。

 

かなーり真面目なことを語ってしまってますが、

連絡はいつでも・どこでも取り合える時代なので、本人次第でどうにでもなるのです!

 

やがて2人の愛が実って一緒に生活をはじめるまでの試練かもしれませんが、

毎日が思い出という気持ちで、相手と自分を大切に、海を越えたラブを育ててください!

www.makoto-sencho.com