しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

古代都市アレッポの「アレッポの石鹸」の効果がすごい!オーガニック石鹸の魅力。

スポンサーリンク

シリアのアレッポって聞くと、まだまだ内戦が激しいところ、そんなイメージなはず。

 

でも、世界最古・最高品質とも呼ばれる「アレッポ石鹸」の産地で有名なのです!

今回は、石鹸のキングオブオブに君臨する「アレッポ石鹸」の話です。

f:id:makoto-endo:20180226152949p:plain

✔︎古代都市首都アレッポ

今から3800年前から居住がはじまって、ユーフラテスと地中海を結ぶ要所としてごりごり栄えてました。

 

アレッポは中心街は伝統的な家屋が残っていたり、少し離れると、「ここは本当に砂漠なのか!?」と疑ってしまうくらいの綺麗な自然が広がってるのです。

 

*現在のシリアの首都です。

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/b5/4e/b7/b54eb7df199e4b9f879d875080df2b84.jpg

出典:Bazar in Aleppo – Syria | Syria People Places History Events | Pinterest | Syria

 

ここで6世紀7世紀頃には、「アレッポ石鹸」の製造ははじまってたとされてますね。

イスラーム誕生よりも前から、衛生を保つための石鹸は使われていたということですね!

 

*中世の頃では、「衛生」は重要な社会問題のテーマでした。

排泄物とかゴミなどの処理などから町中が病原菌に包まれることなんてざらでした。

「アレッポ石鹸」は洗浄という役割で、歴史に名を刻み、現在でも使われてます。

 

アレッポ石鹸ってなんぞ??

ドがつくほど緑色の石鹸は「アレッポ石鹸」くらいしか存在しないでしょう。

 

ローマ帝国時代のシリアから、「オリーブオイル」「月桂樹(ローリエ)」の栽培がとても盛んでした。地中海気候ならではですよね〜、シリアの料理はオリーブオイルがふんだんに使われるものが多いんです。

 

この2つの材料こそ、「アレッポ石鹸」の主たる原料です!

 

化学物質が一切使われていない、オーガニック100パーセントのもので、

「万能石鹸」の名の下、洗顔からボディ、ヘアシャンプー、食器洗い、衣類の洗濯、水回りの掃除まで全てできてしまうのが驚異的な魅力!

 

触り心地はとても柔らかく、ほのかなオリーブの香りは重宝される特徴でしょう!

 

 

 

もちろん、香料は一切使われていません。

普通の石鹸は、フローラルなお花畑系の香りなどですが、

「アレッポ石鹸」はオリーブオイルの独特な臭いのみ、そんな心地です。

 

使い始めは抵抗あるかもですが、慣れるのも早い人は多いらしいですね〜

 

スポンサーリンク

 

✔︎使い心地はどんなもの?

まず使い方は超シンプル!

 

  • 水を濡らした泡だてネットでこする。
  • あわあわをすくい取る。

普通の石鹸とまったくおんなじですよねー。

泡の量はどちらかといえば、ふつうの石鹸よりも少し劣るくらい。

でも十分手のひらいっぱいに泡をのせることができます。

 

 

僕みたいなオイリー肌の男諸君!!

この泡で洗顔してみてください!

 

 

固形石鹸みたいな洗顔後のつっぱりや、市販のボディーソープみたいなぬめぬめは全くないことに気づくでしょう!「さっぱり、しっとりの極み!」って感じ。

 

泡=オリーブオイルに包まれている心地で、

洗顔後の保湿効果も十分すぎるくらいです。

 

でも何がすごいって、体の全部が一度に洗えること・・・!

僕みたいなズボラな男子は、めんどくさがりですよね〜〜

「シャンプーとかボディーソープはめんどくさい!」

 

そんな時、全身をこのアレッポ石鹸で包めばいいんです。

んで、一度にシャワーで流す。トータルで数分もかかりません、最速洗浄!

 

 

*「アレッポ石鹸」はデリケートなため、湿気の多いところに置くのはおすすめできません!溶けてしまいやすいからです。なので、風呂場ではなく洗面台のそばに置いておくと良いでしょう。また、受け皿も乾燥しやすいものにすれば問題なしです!

 

 

オーガニック100%で、一度に体の洗浄できるのは最強の利点ですね。

余計な化学物質が入ってないので、フケやかゆみに悩むこともなくなるんです!

健康的に時短したい石鹸ユーザーにとってはベストなアイテムでしょう!!

 

 

 

 

参考サイト