しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

広告っていつからあるの?!古代ローマ帝国から『広告』の歴史を考えてみた

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180218084938p:plain

「うざ〜〜〜〜!!」「なんでここで〜〜〜!」

広告っていやですよね〜〜

 

  • 電車、駅
  • ビル
  • Youtube、ブログ
  • アプリ
  • テレビ
  • チラシ

 

電車で上を見れば広告、ネットさまよってれば広告、

ガリガリ君を3本連続で当てるくらい回避が困難な広告の集中砲火。

 

これぞ資本主義の権化であろうか!!

 

でも広告って時代によってそのかたちを変えてきてるんです。

 

電車もテレビもアプリも現代世界の産物ですが、

もっともっと根源的なところまで遡ってみよう!って話をします

 

字義的な『広告』の意味って知ってる?

 

『広告=チラシ』みたいなものって思ってませんか?

 

広告=『ひろ〜〜〜く告げること』

 

え?知らなかった?でもそうですよね普段そんなの考えませんよね

 

ヒトがヒトになにかを伝える必要っていろんなケースで生まれますね。

 

緊急の時だったり、行事イベントのおしらせだったり、何か紹介するときだったり。

 

伝える内容を盛り込む手段こそ、今僕たちのイメージする『広告』ってやつ! 

古代ローマ帝国の『広告』って?

 

ヒトがヒトに何かを伝える必要は、太古の昔から存在するっていいました。

古代ローマ帝国に注目してみましょう。

 

ローマ帝国最盛期の地図です。環地中海の覇権を握るとこうなります

https://www.worldatlas.com/r/w728-h425-c728x425/upload/a4/4b/c9/shutterstock-203589544-1.jpg

出典:5 Important Cities of the Roman Empire - WorldAtlas.com

ローマ本部から北アフリカや中東へ情報を伝えずして

こんな巨大帝国を維持するなんて不可能です。

 

当時は、紙もなければ、LINEもない。基本は口伝えで情報は共有されました。

各地方の総督へと情報を伝える専門家もいたほど、広告塔的な存在が重宝されてました。

 

 

もっとローカルに目を向けて見よう!

 

ローマ市内部に目を向けてみましょう。

 

属州から奴隷に栽培させた安い小麦が大量に入ってくると、パンの生産も加速します。

つまり、パン屋が忙しくなるし、ローマ市民はいっそうパンの生活になります。

 

当時でも焼きたてのパンは人気でした。

硬くなってしまうとお腹壊す危険性もあったのでね。

 

そう、パンの焼きたてを知らせる必要が生まれたのです。

 

もっと言えば『パンの焼き上がりをひろ〜〜く告げる』必要が生まれたのです。

 

チラシもインスタグラムもありません。ぐるなびもありません。

 

何が『ひろ〜く告げる』役割を担ったか?!ここまで読んだら推測するに容易いはず!

 

それは、パン屋の少年が声をあげて町中を駆け巡るんです。

 

「パンが焼けたぞ〜!!早いもの勝ちだぞ〜!硬くならないうちに〜!」

 

ってね。

 

するとこの少年の声を聞いたローマのおばさんは、「あら買おうかしら」となる。

あくまで推測だが、この少年は「焼き上がり広告料』のお駄賃をもらっていたはず。

 

 

もの・サービスをひろ〜く告げる本質はローマから変わらず。

 

別にローマに限らずです。狩猟採取の頃だって、「くるみ10個とイチジク1つを交換してくれるひといないか〜!?」って声を張り上げる広告塔はいたはず。んで広告塔が活躍したら、依頼主から少しだけ報酬をもらう。

 

 

人間が人間であるが故の宿命的なそれですよね〜。

言えるのは『広告』って今に始まったわけじゃない!ってこと!

スポンサーリンク

 

 

『広告』のかたちは代わり続ける

 

2000年以上も前から存在する『広告』

 

ローマの少年が声を張り上げてパンの焼きたてを知らせたように、

 

今日では、パン屋がインスタグラムのアカウントを持ち、朝の焼きあがりパンを投稿する。

 

手段は違えっていえど、ヒトにパンを知らしめるって意味では全くおんなじだ!ってこと。

 

みんながスマホを持つから、そりゃそうよね、広告としての役割は大きい。

 

しかも、最近は趣味嗜好から広告が選ばれるターゲティング機能もある。

 

みんながスマホを持たず、別のデバイスになったら『広告』のあり方も変わるのかなって。

 

活気があるから好き。

個人的には、ローマ帝国の『広告』が好きっす!

 

やっぱり活気があるのです。

 

今の時代に「パンが焼けたぞーー!」なんて街を駆け巡ったら、キチ◯イ扱いされます。通報されるんじゃないかどうかのレベル。もしそんなバイトがあれば僕やりますがね。

 

でもローマ時代はあたりまえで、いろんな店々がこんな少年を登用してたんです。

 

無味無臭な冷酷な現代の広告である一方で、口伝えの明るさと賑やかさがローマ時代の広告にはあったはず。

  

 

最小努力の最大効果が大好きな合理的動物、人間。

もう10年、20年の『広告』のあり方は想像できないくらい変わりそう。

今にないところに現れたり、めちゃくちゃ効率がよくなってたり。 

  

そんな未来像を考えるきっかけを、ローマのパン少年は教えてくれましたとさ!