しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

流行りのサンドイッチもいいけど起源をさぐってみようよ!って話

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180213095623p:plain

みんな大好きサンドイッチ!

シンプルな素朴な味わいのたまごサンドはランチの救世主!

サンドイッチの『原型』と今流行りのサンドイッチを比べる!

サンドイッチ伯爵は有名だけれど・・

サンドイッチの生みの親は、あのサンドイッチ伯爵!

これは、ほとんどのサンドイッチユーザーなら知っていることだろう

 

ただ、サンドイッチは、イングランドの貴族のステータスの伯爵位をさすもの。

これがサンドイッチ伯爵位のシンボルマーク、紋章!創設は1660年!(かっこよすうううう!)

f:id:makoto-endo:20180213111228p:plain

初代伯爵はエドワード・モンタギューで、その4代目のジョン・モンタギューがあのファストフードとしてのサンドイッチの生みの親(?)とされる

 

なぜ?というと、当時のイギリス貴族は時間も金も持て余すんですよね〜

 

免税特権もあったり、一般市民と比べたらその優遇され具合が半端ない!

 

サンドイッチ伯爵さんたちはいい例で、朝から晩までカードゲーム(博打)にふけってた。ネトゲ中毒って寝る暇、食べる暇も惜しんでやりますよねーそんな感じ。

 

で、案の定「食べにいくのめんどくさいよおぉ」と、

完全にギャンブル中毒のジョン・モンタギュー。お母さん怒らなかったのかなあ

 

「ちょっとぉ、パンに肉挟んで持ってきてくれっか?!?」

とうとう食事を投げやりに。晩餐会のイメージの欠片もない。貴族らしからぬ発言だ

f:id:makoto-endo:20180213111802p:plain

出典:サンドウィッチ伯爵 - Wikipedia

これでみんなの知るサンドイッチの誕生だ

ジョン・モンタギューの「だらしない食生活」をみていた政敵のジョン・ウィルクスはこの有様を大衆に流したわけ。とんだネガキャン!

 

ギャンブルに溺れて「だらしない食生活」を暴露したわけで、政治戦略としては当然っちゃ当然。

 

で、政治的結果が実ったわけではないんですが、イギリス一般ピーポーは、この「だらしない食生活」=肉 IN THEパンを、「サンドイッチ」と呼ぶようになったんですね

 

まさにゴシップが生み出した「ギャンブル中毒のだらしない食べ物」

 

そんなサンドイッチは、イギリス産業革命をむかえる中で、むちゃくちゃ時短できるパン料理として、その地位を確立することに・・・

 

(伯爵自身は、名前が食べ物になるとは夢にも思わず・・)

とはいえど、昔からあったサンドイッチ

紀元前の昔から、サンドイッチと呼ばれるべきものはありましたよ!

www.makoto-sencho.com 

パンの存在は遥か昔からあるわけで、

例えば紀元前1世紀、ユダヤの人は平らなパン(マッツァー)を、子羊のバーベキューと香草を包んで食べていたって記録もあるほど。中世ヨーロッパでも、保存用のソーセジやベーコンなどと、黒パンを一緒に食べることは普通だったとか。

 

小麦のパンは、何かに浸して食べるか、焼いて食べるか、歴史ではそんなアイテム

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSnyjHcapfOGcUmLqTCYuw1WABC9r32QQrJIfJTk8g7gSHcsN5g

遊牧民族だって、封建社会の農民だって、付け合わせの野菜とか肉と一緒に食べて、「時短してやろう!!」って思考はまちがいなくあったはず。人間って合理的な動物ですものみんな。

 

でも18世紀までは、そのような「時短パン」をさす単語は存在せず、

「ブレッド&ミート」とか「ブレッド&チーズ」っていう、そのまんまの呼び名が主流だった!思いもよらないかたちで一般名詞化をはたし、「サンドイッチ」がうまれた。

 

サンドイッチの食べ物はもともとあったけれど一般名詞の「サンドイッチ」が新たに生まれた。

そんなわけです!

今のサンドイッチはおしゃんすぎねーか

パンの歴史と同時並行といえる「サンドイッチ」

今ではこんなおしゃれ〜なルックスになっちゃってるんですねー

伯爵もびっくりだよーーー!!

 

これはキングジョージベジタブルサンドイッチ

f:id:makoto-endo:20180213105321j:plain

 

 代官山と六本木にあるサンドイッチ・カフェで、

ボリューミーで斬新なルックスには、一度はかぶりつきたくなるでしょう

 

実際に食べると、食べ応えは満点で、伯爵のど肝抜くくらいかなと!

ベジタブルのカラフルさはあざといですよね〜〜(インスタグラマーほいほい)

 

歴史を辿ると、「だらしない食生活」の産物であるサンドイッチは

ここまでおしゃれで値段がなんと4桁もするランチメニューに仕上がったわけです

 

小麦と人間の生活は切っても切れない!

これからもサンドイッチの歴史的進歩に期待ってところでしょう。

 

おしまいっ

 

 参考サイト