しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

まぐろたまごと、ぐろーばるひすとりい

スポンサーリンク

早慶世界史の直前対策ですべきこと【難関大学世界史突破へ】

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180128122429p:plain

*本記事は、すでにセンター世界史90点以上レベルの早慶世界史受験生向けです

大学受験世界史、究極の境地を目指し、早慶合格をもぎ取る。これが目的です。

スタート地点。センター模試で90点以上取ろう!

「センター試験の出題スタイルと私大の出題スタイルは違うでしょーー?!」

勘違いするでないよ!センター試験こそ、基礎体力中の基礎体力!

 

世界史Bの教科書全範囲が広くでてくるからこそ、『通史』の完成度がわかります

『通史』=『大学受験世界史』と言っても過言ではなく、

受験世界史の土台となる部分です

 

センター試験90点以上を獲得して初めて、

やたら細く深堀りされる早慶世界史に挑める下準備の完了と呼べるでしょう

www.dnc.ac.jp

⬆︎の2018年度のセンター試験の過去問を解いてみましょう。

「90点以上取れた!!」そんな人は以下を読み進めてくださいっ

 

*60点未満の結果だったら、基礎・基本をもう一度おさらい!

焦る必要はないです。淡々と本番まで、正しいルートでやり続けることが大切です

  • 初心者(センター試験〜60)の記事も参照してください。 

www.makoto-sencho.com

早慶レベルの通史を解きまくれ!

なんといっても受験世界史は『通史』です。

早慶では独特な切り口からのテーマ史が問われることもありますが、

オーソドックスな通史をカバーしているならばきちんと対策できるもの。

 

早慶レベルの『通史』の習熟度をはかるには、早稲田文学部・文化構想学部の過去問がおすすめです。なぜなら・・・

  • 古代から現代まで1〜9の大問に分かれている。
  • アジアからヨーロッパ、アメリカ大陸まで、1〜9の大問に分かれている。
  • 文化史やテーマ史も大問に1か2つ存在する。

これらが特徴だからです。高校世界史の時代と地域が満遍なく出題に現れます。

 

 

文学部・文化構想学部の世界史はそこまで傾向に大差はありません!

いわゆる、最上級レベルの『通史』ともいえるでしょう。

ここで、80%の得点率であれば、自信を持って受験に挑めます。

 

2017年度からできるだけ多くの年度数をこなすことが理想です。(やる人は20年分くら過去問を解いて、苦手箇所を補強してます)

目安として、1日3年度分を解いて、ミスした箇所を通史の参考書で確認!センター終了後の1月にやると理想です!

早慶の受験生であれば、必ず取り組んでほしい学部の過去問ですね。

  あやふやな範囲の確認も怠らずに!

このような『通史』の過去問を解くと、”抜け”があることに気づくことでしょう。

また、センター試験90%を超えているならば、勉強方法は確立してあるはずです!

 

具体的に、どのように”抜け”を補強するのか・・・

  • 過去問でミスした時代・地域の『通史』熟読こそ最強

➡︎例えば、2017年度の早稲田大学文化構想の問題をかりてみましょう。

 

大問3はイスラーム史の問題で、下線部には商人が引いてありました。

で・・・・

下線部A(商人)に関して述べたア〜エのうち、謝っているものを一つ選びなさい。

ア:ウマイヤ朝では、ディーナール銀貨が広く流通した

イ: マムルーク朝は、香辛料や砂糖の取引を統制下において、利潤を得た

ウ:キャラヴァンサライと呼ばれる隊商宿が、整備された。

エ:ムスリム商人はダウ船を使用し、インド洋交易を行った。

 

めちゃめちゃオーソドックスな早慶での問題です。

実は、それぞれ異なる4つの選択肢の◯か✖️が答えられて初めて得点できるという、偏差値を上げる問題のトリックなのです。

 

イ・ウ・エは、それぞれイスラーム史の通史の教科書に記載されてます。

しかし、アの文章において、ディーナール銀貨が間違いなのですね。

正しくは、ディーナール金貨とディルハム銀貨、です。

(ややこしいぞ、早稲田あああ!)

 

➡︎ここで補強すべき箇所がわかりましたね!

もう一度、イスラーム史(特にウマイヤ朝とアッバース朝)に戻って参考書を熟読しましょう。これに尽きます。

出題頻度がめちゃくちゃ低いものは?

早慶受験であれば、一度は目を通しておきましょう。

 

例えば、過去の慶應の記述問題で・・・

 最古のお茶の経典は何か。書きなさい。

こんな珍問題が出ました。正解は、『茶経』です。

知っているか知っていないかのみ問われる問題ですね。

出題頻度はかなり低く、知っていたら思わぬ得点ゲットといったところでしょう。

 

こうした出題頻度が低い用語については、山川出版社の『世界史用語集』一択です。これ以上に受験世界史の用語をカバーしている参考書は存在しないからです。

 早慶の過去問を解く時に、出題頻度1か2の用語もすかさずチェックしましょう。

いつどのタイミング、どの学部で、問題に関わってくるかわからないからです。

目を通しておくことで、選択肢を絞れるきっかけにもなりますね。 

各志望学部の過去問対策をしよう!

早慶レベルの『通史』で力をつけたら、学部別の対策をしましょう。

以下のサイトで、慶應と早稲田それぞれの学部別対策の大枠を知ることができます。

www.daigaku-goukaku.net

www.daigaku-goukaku.net

 

ここで言える早慶全体的な傾向とは・・・

  • 慶應の世界史出題傾向

➡︎:慶應義塾大学は、とにかく近現代史以降の出題頻度が高いことで有名ですね。近現代とは主に産業革命や帝国主義の時代以降のことをさしますが、実際には、あの設立者、福沢諭吉の誕生日(1835年1月10日)以降にこだわりがあるとかないとか。

 

また、学部によって注力するべきテーマ史も存在します。経済学部ならば経済史や労働史、商学部ならば商業史や人類の交流史、文学部ならば文学史や芸術史などです。第一志望の学部に合わせて特化した勉強を心がけましょう!

  • 早稲田の世界史出題傾向

➡︎:早稲田は、文学部や文化構想をはじめとして、『通史』を最大に極めることが求められるでしょう。商学部も「1970年代の世界的な恐慌」についてなどをはじめとする商業史の論述問題がありますが、依然として『通史』ベースなのです。

 

慶應の学部ごとの色の濃さと比較して、模試などの一般的な『通史』の成績が高ければ高いほど、早稲田でも高得点を取りやすいのが大きな特徴でしょう。もちろん、上で書いた文化構想の過去問のように、ハイレベルな『通史』の理解が求められるのです。

とはいえ、まずはセンター試験

あくまでも、センター試験90%を超えることが早慶世界史挑戦への最低条件と捉えてください。(そのくらいの覚悟でやろう!!という意味合いもありますが)

 

実はセンター90%取れるレベルに達すると、早慶レベルの問題をチラ見して、”わいでもいけそうや!”と根拠なき自信が湧いてくるものなんです。その強気なモチベーションこそ受験では本当に大切なのです。

 

おしまいっ

 

*追記*

適宜新年度の最新版を更新致します。また、本記事では早慶対策の大枠になります。センター90%超えて、早慶それぞれの学部の世界史対策に取り組みたい方は遠慮なく相談してくださいね。