しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

『周りの人が頭良く見える現象』!受験のプレッシャーに打ち勝ちたい!

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180203174452p:plain

「周りに座ってる人が頭良く見える」現象 

 

これは、受験あるある 。

試験会場という魔の空間で、経験した人は多いはず・・・

 

なんやそれ?!って人のために一度定義を

「周りの人が頭良く見える」現象 

受験本番時に、周りの人が持ってる参考書やガリ勉的ルックスなどの外部的要因や、それに起因する自身の心情・感情の変動などの内的要因によって、周りに座ってる人が”やたら”頭良く見えてしまう現象のこと。

 

ただでさえ合格がかかって緊張する場なのに、見渡すと不安がつのる!

そんな人へ向けた記事で、僕の共感の意味もこめてます。わかるわかる。

 

例えば、隣に座る受験生がこんなだったらもう失神レベル

これを脇見して平然と受験できる精神がおかしい。動揺隠せない間違いない。

 

というのも、目撃者の思考回路はおそらくこうだから。

「あの人の参考書・・・・」➡︎「あれは超有名講師の・・・」➡︎「あのページのよれよれ具合と色褪せ具合・・・・」➡︎「あの付箋の数・・・・・」➡︎「何周したか数え切れないだろう・・・」➡︎「そうなれば、内容が丸ごと頭入ってる・・・」➡︎「ちょww偏差値絶対高いやんけwww」

 

で、比べて自分が不安になる。このままでは受験以前の問題。

 

そんな時にどうしたらいいの?!ってことを話しますっ

思い当たる節で書き綴るので、順番は特に気にしないでもらいたい。ではいこう!

 

無限の連鎖に気付こう

感じる度合いの個人差はあるが、ほとんどの受験生は感じたことあるはず。

つまり、隣の人も、前の人も、後ろの人も「周りの人が頭良く見える」現象 を大小あれど感じているはずなんです。

 

受験会場内で無限連鎖に気づく必要があるんですねー

 

「自分だけではないんだ」

 

と心の中で3〜5回ほど唱えるといい!

そうすると受験早期の段階から「周りの人が頭良く見える」現象からくる、不毛な心配性から脱することが・・・できるんです

 

もう一度!「自分だじゃないんだ」「自分だけじゃないんだ」「自分だけじゃないんだ」と念じるとふっと心が軽くなって、目の前に広がる解答用紙だけに意識を集中させることができる。(と思い込むことがとくに大切!)

じぶんも「禍々しい」参考書作ってしまおう

もはや自分が『受験一のえぐい参考書』を作り上げることが次の手段。

⬆︎のツイッターの件のように、原型を留めてすらいなく、禍々しいオーラを放つ参考書のことっ。

 

*えぐい参考書のイメージ

https://media-cdn.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2018/01/DTpr2BJUMAUPXqC.jpg

 

上で書いたような、周りも少なからず同じ心情でいることが前提で、

デリケートな精神にあえてちょっかいを出すとも言えたり、

受験における参考書テロとも言えたり。(こりゃひどい)

 

主旨は『周りが頭よく見える』現象からの脱出なので、

自分の学習の習熟度はそこまで考慮に入れなくてよいんです。(これは笑える)

 たとえ『張子の虎』であってもこのレベルの参考書に仕立て上げること!

 

そうすれば十中八九、周りの人が「周りに座ってる人が頭良く見える」現象 に陥ることとなります。コツは、他の受験生のものとどんぐりの背比べなんて比じゃないほど、ぎったぎたのぼっこに仕上げることですね。

 

 

そのくらいオーラ出せるように勉強せい!

究極の解答はこれ。異論は認めないっっ

 

全く周りのことなんて眼中にない人も一定数いる。そんな受験生になること

そんな人が持つ強靭なメンタルは、勉強量からくる自信というオーラでしょう。

 

 本番まで1日12時間勉強するとか、隙間時間があれば参考書を眺めるとかです。

諦めきれない貪欲さと絶対に成し遂げてやろうとする静かな闘争心があの参考書の姿になってあらわれるのです。

 

で、そんな参考書をもっている人の背景に、やっぱり”えぐい”勉強時間がある。

で、「周りの人が頭良く見える」現象なんて屁でもない。

 

結果論な話になってただただ申し訳ないです。

でも、圧倒的な努力の量が参考書の姿に権化してこそ、本番に受験生になれるのです。

張子の虎的なネタ的に武装した参考書もいいけれど、こんな感じで『周りの人が頭良く見える現象』を打破してもらいたい!!!応援してる!受験生ファイト!!!

 

おしまいっ