しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

『マカロン』ってそもそも何やねん!?マカロンが生まれた歴史を辿ってみたよ

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180201153234p:plain

 ってかわいいけれど、一体お前・・・何者やねん!!!

そんなハテナを抱える人いますよね!という素朴な疑問を解決してみよう企画。

かわいいかわいいポップなカラフルマカロンを探ります。

そもそもお前はなんだ?

マカロンはそもそもいつ・どこで生まれたスイーツなのだ?!

この可愛らしいルックスじゃなく・・・マカロンの「原型」とも呼べるものは、今から1300年も前の700年頃に、フランス真ん中の村「コルメリー」で焼き始められたそう。

 

*それがこんな感じ・・⬇︎⬇︎

f:id:makoto-endo:20180202225821p:plain

出典:Cormery's macaroons - Loches Touraine Loire valley

中世ヨーロッパの時代からあったとは驚きっ!

簡単に焼ける一口サイズのクッキー感覚から、大衆の人気になったはず。

だってそのレシピは、めちゃくちゃシンプル。

  • アーモンドパウダー
  • 小麦粉
  • 卵白

はい、誰もが認めるシンプル材料。

(ちなみに、マカロンの語源は、”きめ細やかな粉”のマカローニの意味!)

当時、砂糖はまだ発見されてなくて、ヨーロッパにも届いてません

ちょっとした贅沢に、はちみつが混ざり合わさるくらいだったんです。

 

素朴さの極み、アーモンドパウダービスケットがマカロンの原型

甘さはアーモンドのほのかなもので、焼き上げた香ばしさが最高の味の引き出し。

中世ヨーロッパでは、ちょっとしたひと休憩のお供だったのかもですね〜〜

 

この通りもはや今とのルックスの変わり具合はもはや原型をとどめてない・・・

でも、お菓子の原型ってほとんどがこんなルックスじゃないかな!

砂糖もない時代の焼き菓子って、どうオリジナルを加えてもこんなでしょう。

しかもパティシエのお菓子職人専門の人すらいなかったはず・・

https://static1.squarespace.com/static/5304f6f0e4b00af361a05059/t/545cf9b4e4b00e059c15b54f/1415379381027/Macaron+vs+Macaroon?format=500w

出典:What are French Macarons? — Sweet Darling Pâtisserie

 

あの可愛い可愛いマカロンちゃんにどうやって近くのか?!

マカロンヒストリーはさらに展開します〜〜〜

 

イタリアからの逆輸入?!

もともとの原型はフランスの小さな村で食べられてたんですが

今のかたちに最も近くなるのは、イタリアのヴェネチアで誕生をむかえるんです

 

東からのアラブ商人が食べていたお菓子と合体した説があります

この時は、イタリア(ヴェネツィアとかミラノは独立した公国でした)とアラブ世界で、スパイスのトレードがめちゃめちゃ盛んでした。しかも、届いたスパイスを他のヨーロッパ諸国に売り飛ばして、ヴェネツィアは超リッチになりあがっちゃうんです。

f:id:makoto-endo:20180203102812p:plain

出典:世界史(ポルトガルの繁栄) - 慶喜

 

世界史だと、鳥瞰的な視点で『東方貿易』って習うと思うんです。

でも、そこに『マカロン製法』が伝わったなんてだーれも教えてくれない!!

 

あのイタリア・ルネサンス(芸術がめちゃめちゃ盛んになる)のパトロン=メディチ家の

カトリーヌ・ド・メディシス王妃

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9f/Catherine_de_Medicis.jpg/200px-Catherine_de_Medicis.jpg

彼女はイタリア生まれ育ちのお嬢ちゃん。

なんといっても、超巨大財閥的、メディチ家の生まれは、もはやチート。

このメディチ家は、ダヴィンチやボッカチオなどのルネサンスの頃の芸術家の後援者(パトロン)になって投資するとともにバックで支えます。

 

財源はいろいろありますが、アラブ世界(東方)と他のヨーロッパ間の中継貿易の手数料という。それがもう莫大。晩餐会なんかは、この世の天国じゃないんかぐらい豪華絢爛なご馳走だらけ。

 

そんなカトリーヌの専属シェフが、見た目もポップなマカロンへと変化させたんです

 

今までは、単なるアーモンドパウダーの焼き菓子でした。が、時代背景が芸術の時代だけあって、見た目重視に傾注してマカロンの華やかささをかき立てるようになったのです

 

 

彼は、デューク・ドゥ・オルレアン(フランス人)と結婚します。日本語で言うならオルレアン公!オルレアン家の公爵!

嫁ぐという言い方が適切ですね。彼女はフランス王妃として第二の人生を歩むことに。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b7/The_Duc_d%27Orl%C3%A9ans.jpg

フランスヴァロワ王朝アンリ2世として君臨した彼。

妃のカトリーヌ・ド・メディシスの好物、マカロンを知る。

 

世界史上では残忍な妃としてしられるカトリーヌ・ド・メディシス。

以外にもポップで心が踊るようなマカロンを伝えたのは意外ですー!

 

この瞬間こそ、イタリアからフランスへの『マカロン改』の移動ですね。

 

パリジャンのマカロン現る!

ここまで書きましたが、マカロンのかたち変遷の歴史は未だに謎のまま。

フォトジェニック的なルックスでバズることもなく、流行ることもなく、19世紀をむかえるんですね

 

でも少しずつ、少しずつアレンジをみせた・・・。

老舗「ダロワイヨ」が「マカロリス」と呼ばれる表面がつるっとしたものに改良したんです。そして、アーモンドのクリームをサンドしたものを作って、パリで売り飛ばすように。

 

で、あの有名なパティスリー「ラ・デュレ」の登場!

1862年パリに創業した「ラ・デュレ」のパティシエが、全面的に売り出されることに。

f:id:makoto-endo:20180203122304p:plain

西洋菓子の聖地でもあるフランス。パティシエたちの激しい競争・・・

精鋭のパティシエたちがしのぎを削り、売れるマカロン作りの戦い勃発。

 

そしてまるで夢の世界の小石のようなカラフルマカロンが完成するのです。

 

もともとオリジナルな原型は、『アーモンドパウダーと卵白の固め焼き』

フランスに伝わって、食べやすさ追求からサインドイッチスタイルになり、

食用食紅などのカラフル材が投入されて、今に至る!!

 

シンプルの波及レベルはすごい。

爆発的に流行るものは、食べやすく運びやすいシンプルなものという傾向!

 

 

かつてのパンケーキの原型が古代ギリシャにあるように、

シンプル材料の素朴な焼き菓子、素朴な焼きパンは、

歴史上で、ある意味プラットホーム的な役割だったのかもしれませんねっ!

 

おしまいっ