しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

『ココア』って美味しいけど誰が作ったの?『カカオ』の歴史を辿れば見えてくる!

スポンサーリンク

体も手も凍える厳しい冬に、幸せを運ぶ甘い香りの一杯のココア。

甘〜くほっこりするそんな味覚は世界中で愛されてます

落ち着く優しさとカカオ香る甘さでみんなイチコロなんですねー

 

でも・・・【元祖ココア】を知っとるか?

f:id:makoto-endo:20180130205847p:plain

今流行りのココアじゃなく【元祖ココア】はどんなだったのかです。

日本にはその原料のカカオはありませんからね!

その源流を辿って今のココアにありがたみを感じましょう!

南米大陸の贈り物、カカオ

チョコレートの原料にもなるカカオの実は、今から3000年前の古代文明で栽培されてたのです。下の地図の青いところがカカオ栽培地域です!

 

カカオの木と実は、赤道付近の熱帯地域でしか育たないため必然的だったのでしょう。他の栽培地域には、アフリカのガーナなども有名ですね!

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20130621%2F88%2F833538%2F4%2F549x565xb03a7570a6b4a8dcf1889c5d.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

カカオを割るとこんな中身が正体を現します。日本にいると全く身近な食べ物ではないため見る機会は、チョコレート工場で働く人くらい・・・

 

実際には、中南米最古の文明「オルメカ文明」の頃の人が、初めてカカオの実を割って、水と薄めて飲み始めたそう

f:id:makoto-endo:20180130221029p:plain

出典:Cocoa – The food of the Gods… | LINDT in History | World of Lindt | Lindt Chocolate World │ Merry Chocolate

 

*イメージ(カカオを割って現れるもの)

http://www.chocolatememo.com/image/cut/cacao00.jpg

いつも飲み慣れてるココアは、近代になってオランダ人のヴァン・ホー・テンって人が発明したんですよね。

 

それまでは、人力ですり潰した水割りを飲むといったものです

しかし、古代の南米文明にいたインディオ(先住民)たちはこのカカオ水を、

f:id:makoto-endo:20180131103153p:plain

と讃えていたのです。

 

結婚から子供の誕生まで、毎日のいろんな場面で飲まれるようになりました。

 

特に、王様をはじめとする貴族などの上級階級です

ココアを飲むことやココアを差し出すことは彼らのステータスでした

 

今はココアを飲むことがステータスでしょうか?王様級の贅沢でしょうか?

時代の移り変わりと、価値観の変化っておそろしいぃですね〜〜

 

*インディオ(先住民)によるどや顔カカオの振る舞い。

http://www.mexicolore.co.uk/images-7/744_03_2.jpg

でもどうして「神の飲料」?

「神の飲料」として崇められた背景にはいくつか理由がありまし

その中でも有力説な理由は、『薬としてのココア』

 

定番な飲み方は、させたカカオの豆をすり潰して、ペーストにします。

 

それと水だけでは、「めちゃくちゃ苦くね?!?」ってことにインディオたちは気づき、飲みやすいように、スパイス(クミンやカルダモン)や薬草(ハーブ)もしくは、とうもろこしのこななどを混ぜてもう一度固めます。

 

で、この塊を削って削って、ちょうどいい苦さと香りでココアを飲んでました

ここで驚くべきは、ココアのもつ計り知れない治癒力。

 

 

インディオA「苦いけど、、体みなぎるなー!」

インディオB「せや、目が覚めてシャキーンってなるわ」

インディオC「カカオ10粒でやっとうさぎ買えるんかよw高えわ〜」

 

 

当時なんて、栄養学の考えもなければ、栄養士もいません!

そんな中、ココアの持つ栄養面のポテンシャルに気づいていたのです・・・

  • 筋肉弛緩作用
  • 脳の機能向上
  • 動脈硬化抑制
  • 血圧改善

 

 

つまり、健康体に近づきます。

 

栄養学の概念が無いからこその発想なのかもしれませんね。

 

このように、体や頭の働きの力を促進させてくれるココアは、「神の飲料」にまで成り上がりました。

 

これが【元祖ココア】の姿です。

大航海時代が幕開けて、ヨーロッパ人が押し寄せてくると事態は一変です。

 

カカオ豆がヨーロッパに運ばれて、「神の飲料」説が立証されて、広まるといった流れですね。

 

 

「カカオ100粒で奴隷1人」で取引されていたことからも、当時のココアの価値はとてつもなく破格です。そんな価値の金のなる木を求めて、南米の植民地支配(インカ帝国の破壊)などが進んでゆきました。そんな側面からも世界史を考えたいですね〜。

 

以上、【元祖ココア】の話でしたっ