しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

北欧スウェーデンの「自然享受権」が好き【ベリーと北欧の森林生活】

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180127162852p:plain

北欧の国スウェーデン。世界史の勉強ではほんの少ししか登場しない、平和・福祉国家。(三十年戦争のグスタフアドルフくらいですよね〜〜)

https://media.gettyimages.com/photos/portrait-of-gustav-ii-adolf-of-sweden-leading-his-army-to-victory-at-picture-id520831853?s=612x612

夏は短く、冬は長く厳しいなんとスウェーデンの国土の3分の2は森に覆われてるんです。スウェーデンは、街と街が離れていて、その間を埋めるように草原、湖、山、森が広がっているんです。木のぬくもりのイメージから北欧の暮らしを連想する人もたくさんいるはずでしょう!

 

そんな森にはどんな世界が広がってるのか!?

 

森はみんなのもの・・・!?

まず、スウェーデンの森は特定の誰かのものではなく、みんなのものなんです。

もし日本ならば、こっそりと山に入ってタケノコやきのこなんて採ったりすると、

「コルァァァァァァァァぁ!!どこのどいつじゃあ!!」

 

とお叱りを受けることになるでしょう。誰かの山であるからですよね。

 

しかし、スウェーデンでは自然をみんなものとして扱う権利「自然享受権」Allemansrätten(アッレマンスレッテン)が存在するのです。

 

字義のごとく、森や林、草原などの地球の一部である自然からあらゆる恵を平等に受け取れ、共有できる権利です。

 

誰でも夏には森に入ってベリー採りに出かけたり、秋にはキノコ採りに出かけたりできるのです。特定の誰かの所有地ではないため、怒られるわけがないんですね。みんなで自然の恵をシェアするのです。

 

これは古くからノルマン人の慣習として受け継がれて今に至ります。

 

「自然享受権」は細かく見ると、通行権や滞在権、そして果実採取権などが含まれてます。もちろん行きすぎた木の伐採や鳥獣の狩猟は、自然破壊の行為として禁止されてます。

f:id:makoto-endo:20180128112637p:plain

『地球の生きる自然と共存していこう』

そんな森林大国スウェーデンの未来展望がみえてくるのです。 

 

北欧ベリー好きやで!

北ヨーロッパの厳しく寒い世界では、色とりどりなベリーが森林を色付けます

日本で発見すると、「これ、危ない色んなんじゃ?!」思ってしまうようなものから、「甘酸っぱくてフレッシュないちご!!!」なんてものまでたくさんです。

 

「果実採取権」をみんな持ってるので基本的に取り放題です。(パラダイスか)

ここで、北欧スウェーデンならではのベリーについて紹介します。

ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ストロベリーはもはやふつうです!

ベリーの奥深さを知ってもらうために、レア度高めなベリーを見てもらいましょう

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRVXPe-52BqhDU1JSCCFZ6mfo48k5a1quNUoggxdVVa7f2PXdCG

  • クラウドベリー

https://www.aswedishlife.com/uploads/1/0/5/0/10505575/7727365.png?272

➡︎北ヨーロッパ中心に、黄色✖️橙色のまるでくものようなクラウドベリー。

暖色なポップな見た目は、パンケーキやサラダのトッピングで使われることも。

けれど、本当の味わい方は生のまま口へぱくりと運ぶこと。

甘酸っぱく、頭が冴えるようなみずみずしい食感は何度食べても飽きないでしょう。

日本ではかなり希少なため、北欧諸国へ旅行した時に新鮮なクラウドベリーを食べるこどができるはずです!

  • リンゴンベリー

http://www.arktisetaromit.fi/binary/file/-/fid/3305

北欧諸国では最も人気なベリーの種類ですが、日本ではこれまた希少!

さくらんぼのような、クリスマスカラーのようなリンゴンベリーの木々。

⬆︎のクラウドベリーと比べて、酸っぱさが強め!(いかにもビタミン的な)

なので、そのまま食べるよりも煮詰めてソースにして料理と合わせて食べることが主流ですね

 

*これが、リンゴンベリーソース 

https://prods3.imgix.net/images/articles/2016_11/Featured-Lingonberry-Sauce-Recipe.jpg?auto=format,compress

 

こんな感じにヨーグルトと合わせれば、爽やか甘さのデザートが完成!

https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/5/3/5/9/6/IMG_4124.JPG

はたまた、ガチな料理(ミートボールとかステーキ)にも。

これがスウェーデン式!肉の脂っ気が、リンゴンベリーによって中和されるのです

「うぇぇ・・・まじかよ・・絶対合わないやんけ・・・」と思うかもしれません

本音を言えば、僕も最初は微妙でした・・・「もっとうまい食べ方あるだろう!」と

しかし、あくまでも料理の引き立て役としてリンゴンベリーがあることに気づくことが大切。料理全体が食べやすくなることが肝なんです!

https://bloximages.newyork1.vip.townnews.com/pilotonline.com/content/tncms/assets/v3/editorial/8/eb/8eba4f9d-aa8b-58e6-8fe4-9737e0ace481/57601ec3f3214.image.jpg?resize=1200%2C832

 

日本でリンゴンベリーの味覚を経験するなら、IKEAかアマゾンでしょうか。

 普段慣れたストロベリージャムやブルーベリージャムとはまた違うテイストを一度は試してみるといいかもしれません。北欧文化を舌で体験してみてくださいね。まだまだ日本では北欧の味覚を揃えている店舗は少なく、これからといった展望でしょう!

スウェーデンの森の世界観

このように「自然享受権」と「森のめぐみ」と「スウェーデン人」はまるで三位一体なのです。

 

悠久の歴史を辿れば、北欧森といえば畏れ多いところでした。

『北欧神話』のフィールドもこの森であることが多々あります。

それだけ人間を超越した何かが息づいてると信じられた場所であって、

人間が森を支配しようとするのではなく、共存が理想とされてきたのです。

https://wictorianart.files.wordpress.com/2014/04/hulder_collab3-copy.jpg?resize=450%2C274

北欧を訪れる機会があったら、深緑の森に迷い込んでみてください。

強大な自然から派生する畏敬の念に包まれると共に、鮮やかでポップで陽気なベリーたちに笑顔になることでしょう。

 

おしまいっ