しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

『フィーカ』にほっこり!北欧スウェーデン式コーヒ文化とは?!

スポンサーリンク

f:id:makoto-endo:20180128140917p:plain

ベッドからぬくぬと起き上がる早朝。

焼きたてのトーストにブルーべりジャムと、淹れたてのブラックコーヒー。

これがまたうまいんですよね〜〜〜〜!!!

いつもの生活に完璧な浸透をみせる”コーヒー”は国によってその在り方もさまざま。

今回は、寒く厳しい冬のイメージの国スウェーデンのコーヒー文化、『フィーカ(fika)』を語ります。

 

その前に、コーヒー文化が世界中に散らばった背景を軽く参照してくださいっ!ざっくり言えば、エチオピアからアラブ世界、そしてヨーロッパ!というのが、コーヒー豆とコーヒー飲料の伝わりの歴史ですっ!

www.makoto-sencho.com

f:id:makoto-endo:20180128175248p:plain

『フィーカ』とはそもそも?!

『フィーカ』とはスウェーデン語で「お茶をする」の意味の言葉です。

広い意味では「休憩」の意味ですが、一番彼らの身近な使い方は、「コーヒーブレイク」です。

 

ここからが、ポイント !!

スウェーデンでの『フィーカ』はただの休憩以上に、”生活文化”だったのです

福祉国家でも有名なスウェーデンでは、家族・友達と過ごす時間が大切。

そこにはお金では買うことのできない、かけがえなさに価値をおく文化が根付きます!

 

家族と友達と息抜きに「お茶をする慣習」は昔からありました。

イギリスで言えば、アフタヌーン・ティー、日本で言えば、一服でしょうか。

 

日本でも『朝10時のおやつと昼の15時のおやつ』がありますよね?(今はあんまり聞かないかもなぁ)おもしろいことに、スウェーデンの「フィーカ」もおんなじタイムサイクルなんです!

 

この時間は、基本的に「フィーカタイム」なので仕事の電話なの電話をしないこと、でないことは暗黙の了解というスウェーデン。仕事よりも、趣味よりも、一緒にいると落ち着く人との大切なコミュニケーションの時間なのです。

 

『コーヒータイム+コミュニケーション』

が、北欧スウェーデンの『フィーカ』の正体だったのです。

『フィーカ』の由来って・・・?!

17世紀〜18世紀、スウェーデンのコーヒー文化は災難な目にあいます。

三十年戦争(宗教大戦争)を終え、国も落ち着きをみせていたことでしょう。

 

アラブ商人はオスマン帝国やヴェネチア商人やその他都市の商人に各地でコーヒー豆を売りまくってた時です。そのコーヒー豆たちがヨーロッパ中に広まる頃、スウェーデンにも到着しました。

 

1800年頃のコーヒー豆はまだまだレアで手に入りにくかったのです。

なのでまずはスウェーデンの貴族たちがステータス的なそれで嗜んでました。

時の王様は、スウェーデン、グスタフ王朝のグスタフ3世

 

*グスタフ3世紀(1771年-1792年)

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/c7/Gustavo-III%2C-Rey-de-Suecia_1777-by-Roslin.JPG/200px-Gustavo-III%2C-Rey-de-Suecia_1777-by-Roslin.JPG 

グスタフ「ウェエエえぇへえぇニッゲェェェエ!なんやこれぇぇ!!」

貴族A「ハハぁぁ。左様で。やはりコーヒーはくそ苦いでやんす」

貴族B「オォォぇ。ゼッテーこれ毒あるぜ。体に最悪や間違いない」

グスタフ「うむ。お主らわかっとるな。コーヒー禁止じゃああああ!」

 

ま・さ・の・・・

コーヒー禁止令発令www

 

グスタフ、貴族たちは苦いものが苦手だったのでしょう。

また、苦いものが体の悪いものと理解していたのでしょう。

 

スウェーデンに入ってくるコーヒー豆にめちゃめちゃ税金をかけて遮断しようとし、コーヒ豆の密輸人やコーヒーを飲む人を裁き始めたのです。コーヒーカップやカップの受け皿さえ処分祭りだったそうです・・ (今の時代から考えたらありえない暴挙です・・)

 

そして・・・ある時。『コーヒーは健康に悪いのか説』を確かめるために、

2人の死刑囚が呼ばれ、死刑ではなく終身刑にするかわりに人体実験の対象になりました。グスタフは、1人にはお茶を、1人にはコーヒーを毎日飲ませ続けたのです。

 

グスタフ「コーヒー飲み続けた方が長生きしたやんけ!!」

 

『コーヒー=健康悪』が払拭され、コーヒ豆の輸入が再び始まって、コーヒーを嗜む人が増えて、19世紀までにコーヒーブレイクの文化が完全に根付いたとさ。

 

これが、『フィーカ』の誕生なのです。

 

*ちなみに、『フィーカ』は言葉遊びが発展した産物です。

『カーフィィー』は、コーヒーを意味する元の言葉ですが、スウェーデンの若者がおそらく反対に読み、『フィーカ』の方がイケテね?!カッコよくね?!そんな流れで確立した説が有力らしいです。(ざぎんでしーすー的なあれを思い出す。) 

ちゃっかりとデートを誘う文句に

『フィーカ』はスウェーデンの生活の一部になって・・・

Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ?)

「フィーカしようよ〜〜〜」と、デートを誘うテンプレートセリフにもなりました

 

でも実際に、ネイティブスウェーデン人の解釈では、 

 “non-date date”(ノン-デート デート)

 と、『フィーカ』はデートではないけれどデートという。

格式張ったデートでなく、ノンプレッシャーな誘い方ができる武器なんだそう。

物は言いようとはよく言ったもんだ

 

はたまた『フィーカ』をきっかけにして男女が一杯のコーヒーで話を交わし、

次第に2人の仲が親しくなってきたら、いよいよ本番のデートなのでしょうか。

 

このように、『フィーカ』は出会いの幅を広げて、関係を深くしてくれるんですね。

家族と友達といる時間を何よりも大切にする北欧国家ならではの、世界に誇れるほっこりしたコミュニケーション文化なのかもしれませんね。

 

おまけ:フィーカのお供はやっぱりこれ?!

どの国にも、コーヒーのお供がついてます。

スウェーデンでは、甘く香ばしい、『シナモンロール』がど定番です!

これがまた美味しい!ブラックコーヒーの深い苦味とこのシナモンの効いた鼻から香る甘さがマッチするんです。

https://www.lunduniversity.lu.se/sites/www.lunduniversity.lu.se/files/styles/lu_page_image/public/cinnamon-buns-lund-university.jpg?itok=a2m6SC-k

出典:Swedish culture and traditions | Lund University

 

クックパッドのレシピを貼っておきますね。

ぜひ、スウェーデン式『フィーカ』を体験してみてください!

cookpad.com