しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

都会の人混みが大嫌い!人混みの対処法を教えるよ【パーソナルスペースを守れ!】

スポンサーリンク

生い茂る木、さわやかな川、青い田んぼ、青い空、深い森のゆったりと時間が過ぎる世界から、東京に舞い降りた。

 

そこは完全なるカオスな異空間。 

溢れんばかりのカラフルな都会色と溢れんばかりの人の量。

そしてそこに交錯する多種雑多な都会の音。 

 

『ぐぉぉぉぅ、これって俺東京合わないかもっ.....』 

 

わずか2日、3日です。東京着くやいなや、拒絶反応。

これはなんだ!なんだ!なんだ!考えてたら月日が経ってた。そんな話しです

 

 

冗談はさておき、こんな僕でもなんだかんだで、4年。

東京に来て、初めて感じた人混みの恐ろしさについてと、

どうやってその人混みの恐ろしさに対処できるか語りますっ。

f:id:makoto-endo:20180120174936p:plain

人混み、、、自分っていらないんじゃね?

地元の田園世界では、解放的な田んぼが広がってます〜歩いているといえば、犬と歩くおじいちゃんくらい。ほんわかします〜。夕暮れ時になると、畑とか雑木林の生い茂った匂いにつつまれて、帰る時なんかめちゃめちゃ心地いいんですね〜〜

 

東京にきた俺氏。

 

それは、とある渋谷の交差点。

右から左から正面から、人という人が波のように押し寄せてきた。

まっすぐ歩こうと思えば、正面から人がぶつかるように向かってきたり、

右に曲がろうと思えば、障害物のごとく後ろから人が塞いできたり。

 

 

こんなこと、人生数十年生きてて、経験したことでしょうか。

まったく免疫もなければ、そんな世界の妄想もしてませんでした。

 

 

ぐぉぉ。僕は、俗に言う『人混み』に憤りを隠せない。。

 

 

実際、人を避けるとか、ぶつからないように歩くとかはすぐ慣れますが

でも、物理的なことは問題じゃなく、ほんとうの闇が心を覆ってたんです。

 

あれ?俺って別にいなくてもよくねーか? 

 

心の闇とも言えます。

何百何千もの人が移動する渦の中で僕の心が感じました。

 

『人間ひとりいなくても、変わらず地球って動くんだなー』って。

 

ただの田舎生まれ育ちの『井の中の蛙 』かもしれません

けれど、そんなアイデンティティの崩壊が待ち受けていたんです。

 

『人混み』に対してのメンタル術?!

だからこそ、『人混み』の中で強く生きるメンタル術が必要なんす!!

避けるとか、うるさいとか、物理的なことは抵抗つきやすいんでっ

 

まずメンタルへの大きな障害はこれっ

  • パーソナルスペースの侵略

➡︎:知らず知らず、僕たちは友達や他人などによって距離を持ちます。

んで、他人になればなるほど、近距離スペースは、ストレスがかかるもの!

 

(イメージ!こんな感じ〜!)

https://motemo10.com/wp-content/uploads/2017/05/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E5%9B%B3.jpg

出典:

パーソナルスペースとは?モテる人が意識してる相手との「距離感」 | モテモ!モテたい人のモテるためのテクニック集めました

 

 

都会の人混みの中では、絶えず絶えずこの『親密距離』スペースに見ず知らずの人が押し寄せてきますっ。らぶらぶ関係な恋人との距離感ですからっ、人間の脳にとっては異常事態として錯覚してしまいます・・・・

 

 

・親密距離 0~45㎝
ごく親しい仲だとお互いに認識している距離。手で触れられる距離。恋人や家族など、本当に自分が心を開いている相手との距離。
・個体距離 45~120㎝
相手の表情がわかる程度の距離。手を伸ばしてやっと触れられるくらいの距離。友達と認識している相手との距離。
・社会距離 1.2~3.5m
手は届かないけど、会話ができるくらいの距離。初めて会う相手や、ビジネスの場面で用いられる距離。
・公共距離 3.5~7m
複数の相手を見渡せる距離。1対多数の場合など。何人かを相手にした面接や話し合い、講演会など。

 

 

僕にとってのストレスの中身は・・・

 

自分が自分であることが押しつぶされそう感

 

満員電車なんかもそう、通勤ラッシュの駅ナカでもそう、渋谷原宿でもそう。 

こうして心が飲み込まれてゆくのであった・・・・・・

 

 

いや、今の俺はチゲエェェ!! 

 

パーソナルスペースからくるストレスの対処法を!

 

心は強くできる。  

 

人混みの中で『自分いらないんじゃないか感』を感じていようとも、

メンタル作りさえきちんとやっておけば大丈夫。

 

考え尽くした結果、

 

  • ストレスはストレスだと熟知すること。
  • ストレスはストレスだといい意味であきらめること。

 

これが、都会を生き抜くメンタル術の灯火となってるんです

 

電車の座席を思い浮かべて見ましょう!

隣には他人、そして自分からも他人の隣の席にに座りますよねっ

パーソナルスペースの侵略にもかかわらずです

 

そこには、『電車だからしかたがない』っていう諦めが入ってるんですねー

だから隣に人が座ってもそこまでは、メンタルすり減らないわけです

 

ゆったりとした田舎世界から出てきた僕は、

こんなはずじゃなかったのにイィッィ!!と期待に背いたストレスが爆発寸前でした。

 

 

しかし、『パーソナルスペースの侵略が横行するのが都会や、それって避けられないストレスだから、仕方ねえか!!シャッぁ!』ってゆう諦めと、ストレスの存在を受け止めることに気持ちをシフトさせたんです

 

期待に届かないと人ってストレスかかる

 

こんな性質があるからで、心理的ハードルを下げる術とも言えるんです!

 

心の負担が軽くなって、『自分いらないんじゃないの感』も薄れます。

渋谷は渋谷だからこんなもん。新宿は新宿だから人混みがこんなもん、と。 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/ae/Aristotle_Altemps_Inv8575.jpg/200px-Aristotle_Altemps_Inv8575.jpg

でもね、ギリシャ哲学の巨人、アリストテレスの言うように、ほどほど=『中庸』がいいもんです。いきすぎた人混みではなく、いきすぎた過疎地ではなく、ほど良い人数のコミュニティの中で、自分らしくいられることって1番大切なんだなって、なんだかんだそう思ってしまう日常でした。

 

おしまいっ