しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

だらだらとテレビ観てしまうのを止めよう!テレビ時間を別にまわせば捗る!

スポンサーリンク

正月はスペシャルテレビ番組のオンパレード!

一人暮らし先の家ではテレビ無いけれども、実家帰省中の時には観てしまう

やっぱりテレビの制作はとてつもなく凝ってます、釘付けにさせるとはこのことです

 

しーーーかーーーし、正月には意外に!?大事なやるべきことってないですか?!

冬休みの課題、年明け直後の資格試験など

 

 

僕自身、今年割と切羽詰まってます

そんな時、どうやったらお正月のテレビへの誘いを断ち切ることができるのかなあってやっぱり思ったので。なんだかんだ後悔しちゃっては情けないのでねっ! 

「ながら作業」を前提にテレビを観よう

お正月。家族とまっっったり、ぬっっっっくりしたいもの〜ですよね〜。

 

一切テレビNG。正月も仕事に集中や。

 

・・・・こんな縛りに縛りを極めた状態では、拒否反応起こしかねませ。

結局、だらだらテレビみちゃうんですよね〜人間だもの。

 

よっしゃ、頑張るで!と意気込んだ時に限って、集中力って人間もたないんですよね。(少なくとも僕は。だめ野郎ですわぁぁ)

 

ながら作業を完全肯定すればいい。

 

人間の心理上、絶対の縛りがあると、解放されたくなってしまうんですよね〜

  • カリギュラ効果

➡︎これをカリギュラ効果と呼ぶんですよね。

カリギュラ効果とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことである。一例としては、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなるなどの心理が挙げられる。引用:wikipedia

*ローマ皇帝のカリグラ氏をモデルにした映画がボストンで放映され、それがめちゃめちゃグロテスクな為、放映禁止令が出たと同時に、観たい人が殺到したことにちなみます。

 

正月の完全な休暇時期に、絶対の縛りはやはり禁物(個人的な経験より)

テレビをみながらでも、家族と団欒しながらでも、

すこ〜〜しずつ取り組む、”ながら作業”を強くオススメします 

スポンサーリンク

 

テレビを瞬間的シャットダウンしよう 

だらだら〜〜とついついテレビを観つづけてしまうのは、

目がテレビに向いているという瞬間が脈絡と続いてることです。

 

「仕事しなきゃ〜〜あ〜いやだな〜〜〜〜〜」

「勉強しなきゃ〜〜あ〜いやだな〜〜〜〜〜」

「掃除しなきゃ〜〜〜あああぁぁいやや〜〜〜」

 

だるいだるい気持ちのままいてしまうからよくないんです。

 

行動を促すきっかけを与えてあげよう!

 

そのためたいの時間を、間髪も無く瞬間的にシャットダウンすることが必要。

モチベーションとかやる気ってものは、考え方からではなく行動から生まれます。

 

 

テレビの電源をタイマー設定でOFF

 

これは家族と一緒にいた場合は少し難しいかもしれません。

がしかし、、、テレビをみる行為を瞬間的にシャットダウンすることで、

行動を促すきっかけが生まれてきます

 

誰かが勝手にテレビのスイッチを切るならば、ハァアアア?!?!(おこ)となってしまいますが、タイマーであるなら怒りの矛先を特定の誰かに向けようがありません

 

30分後でもいいし、1時間後でもいいし、1時間半後でもいいです

完全自動に『・・ん・・あれっっ?』と瞬間的に消えるくらいがベスト!

 

で”即座”に行動に移しましょう。

だらだらテレビを見てる状態から瞬時に解脱できるはずです、試して見てください