Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

男子大学生が治験バイトの全てをレビュー!オススメです!【高額謝礼】

時間はあるけれど、お金は無い。そんな大学生たちに朗報です。

 

今回は、『治験』と呼ばれるアルバイト(ボランティア)に参加したその全レビューを真面目にします。特に、長期休暇のある大学生や、時間に余裕のある社会人の方は、高額バイトとしてとてもオススメだということをはじめに伝えておきます。これらを参考にして、ぜひ検討してみてください。

 

f:id:makoto-endo:20170905123605p:plain

 

治験バイトとはそもそも・・?

治験って一体・・?

治験とは「新しい薬」の承認を得るために厚生労働省の指導に従い実施している「治療を兼ねた試験」のことです

ひとつの薬が誕生するまでには10~18年もの長い研究開発期間があり、効き目の確認や安全性の評価など、さまざまなテストが繰り返されます。


病院で使われている薬や普段使っている薬は、多くの一般の方々がボランティアとして参加した『治験』を経て、効き目と安全性が確認され、厚生労働省の承認を得たうえで発売されています。 

引用元:治験とは | e治験.com

 

▶︎:世の中に新しい薬が誕生するまでは、幾多の安全確認と効能確認をしなければなりません。この、テストに受けることを治験と言うのです。もちろん、薬によってどんな副作用がでるのかや、投薬中の生活習慣で気をつけることについて、全て説明がなされます。それにその人が同意をして初めて受けられるのです。(*インフォームドコンセント

 

治験募集サイトと応募方法!

まず、治験に参加するためには、治験募集サイトへの登録が必要になります。

ネット上で一番信頼できるものとして、僕はまずこちらに登録しましたよ↓ 

 

 

もちろん登録料はかかりません。

*治験募集サイトの中には、サイト運営費として年会費を要求するところがありますが、ちょっと怪しい気がしたので、こちらの方がいいです。

 

  • プロフィール入力(年齢、身長、体重、喫煙歴などなど)
  • 予定・都合・体のコンディションに合いそうな治験への応募

 

▶︎:以上を済ませると、プロフィールに基づいて自動的に事前検診への合否が出ます。

*ちなみに、僕は10件近い治験の案件に応募しましたが、通ったのは今回参加したものを含めて2件です。倍率はかなり高めと聞いていましたが、本当かもしれません。

 

病院にて、事前検診!

この事前検診こそ、最大の難関とも言われています!

今回は、『健康な成人男性』の治験募集だったので、健康である証拠が求められます。

 

内容:尿検査、採血、身体測定、心電図、問診です。

 

そして、ネット上には、事前検診に通りやすいコツが上がっていたのです。

それは、予約した段階から、

  1. 毎日、水か麦茶を1、5ℓ〜2ℓを飲む!
  2. トイレは我慢しない!
  3. 運動やアルコールはなるべく避ける!

 

というもので、なぜなら事前検診では、尿検査と血液検査がカギとなるらしいからです。運動をすると、血中のCPKという値が上昇してしまい、投薬の効果がきちんと測れなくなってしまうからNGなんだそうです!

 

また、病院側からもこのように事前に知らせがあります。

  • 前日のカフェインやアルコール、グレープフルーツの禁止!
  • 2週間前からの激しい運動の禁止!
  • 薬やサプリメントや薬の禁止!
  • 温泉やマッサージの禁止!
  • 前日の夕食以後から事前検診までは絶食!

 

これは、必ず守って行きましょう。なぜなら、倍率は思った以上に高いものです。

今回は同じ治験薬で、数回の日程が設けてあって、毎回別々の人が20人選ばれるものでした。僕は、日程⑧の枠で応募して、30人近くの人たちと、事前検診サバイバルが行われました。

 

事前検診のメンバーで、より理想的な中央値に近い人から選出されていきます。

前日にたくさん脂っこいものを食べと、血糖値が上がってしまったり、うっかりいつもの日課でコーヒー飲んでカフェインが検出されると、それだけで落とされるので、きっちりと自己管理を徹底しましょう。

 

また、ガムやタブレット、アメも絶対にダメです!!少しでも血糖値をあげてしまうとすぐに治験対象から外れてしまいます。

 

 

治験入院生活はどんな感じ・・?

僕の場合は、9泊10日の入院+毎週水曜日×7回のプログラムでした。

そして、ジェネリック医薬品の治験でもありました。

 

ジェネリック医薬品とは・・・

後発医薬品(こうはついやくひん)、ジェネリック医薬品(英: generic drug, generic medicine)とは、医薬品の有効成分そのものに対する特許(物質特許)あとに、他の製薬会社が同じ有効成分で製造・供給する医薬品である。 新薬と同じ主成分の薬とも言われる。

引用元:wikipedia 

 

つまり、すでに販売されている薬の特許が切れ、他の製薬会社が開発、販売予定の同様な成分を含んだ薬の治験であったのです。安全面についても、治験テストをするには、厚生労働省の許可を得られなければなりません。また、特にジェネリック医薬品については、すでに販売されて世に出回っている薬成分ですので、かなり、安全性は高いと言えます。

 

 治験会場は、事前検診と同じく、東京都の墨田病院というところでした。

予想以上に看護師さんもたくさんいて、内装も外装もとても清潔でした。

▶︎::治験実施施設:医療法人相生会 | 直接申し込みはこちら

 

定員は20名で、当日には僕を含めて25人が集められていました。

当日の、血液検査、身体検査、心電図、血圧、採血、尿検査によって20人が決定します。

僕は、初めてだったので事前説明に忠実に生活習慣を正していたので突破!

 

20名が確定した後は、それぞれのベッドに案内されます。

10人が同じ部屋で、9泊10日を過ごします。

 

*もちろん集団生活は大丈夫かどうか、事前検診の際に確認されます。

 +そのため事前検診では、問診の時に集団生活に適するか、人間性も見られているそうです。

 

初日はそれだけで、病院に14時集合して、メンバーの確定は17時頃でした。

f:id:makoto-endo:20170905124809p:plain

 

治験中はどのように過ごすのか・・?

基本的に、2日目に投薬をして、その体外排出の経過を見るものなので、

採血や心電図以外は、基本的に自由に過ごしています。(めちゃめちゃ快適です。)

治験参加中の具体的な生活のコマンドについて紹介します。

 

 *ちなみに今回は、関節リウマチに効く薬の皮下注射が行われました!

  • 朝昼夜食事について。

▶︎:今回のスケジュールでは、朝の採血後の、9:50分頃に朝食。

 お昼に、ラジオ体操後の、13:00に昼食。そして19:00に夕食でした。

 

*食べ物については、大変満足しています!管理栄養士さんが考案した、栄養とカロリーが計算されたお弁当が毎回配られます。しかも、1000円以上はする割烹料亭の弁当だったりします。朝もきちんと箱に入ったサンドイッチと、フルーツジュースが配られ、全部美味しかったです。食べ物については、心配はいらないです。毎回のお弁当が楽しみです。

 

【治験中のある日のお昼ご飯】

f:id:makoto-endo:20170905145445j:plain

 

ただ、食事時間以外は、食べ物の持ち込みができませんので、口にものを入れることはできません。(普段めちゃめちゃ食べる僕は、10日後に1kgちょっと痩せました)

 

  • 起床時間、消灯時間について。

▶︎:起床時間は、2日目の投薬日は朝の7:00、それ以降は8:00でした。

 就寝時間は、23:00で9泊を通して、全て同じでした。

 

看護師さんが部屋にきて、電気を消して、『おやすみなさい』と言います。

僕にとっては23:00から8:00は普段と比べて少し長すぎる睡眠時間でした。

なので、少し早く起きた時は、リビング的な部屋(デイルーム)でぐーたらしてました。

 

*23:00以降は、携帯とパソコンを使うことは禁止です。と就寝時間毎回言われます。空調が行き届いていて、暑くもなく、寒むくもなく、適度な温度と湿度で安定で、とても快適です!

 

  • 食事と睡眠時間以外は?

▶︎:先にも書いたように、食事と睡眠時間以外は基本自由です。

具体的に、朝食前に、採血や心電図や血圧を測り、それ以降は自由です。

 

院内は、漫画やゲームがたくさんで、漫画喫茶のようです。

フリードリンクみたいにメニューは豊富ではありませんが、麦茶とウォーターサーバーは自由です。

 

僕は持ち込んだノートパソコンや本たちとずっと過ごしていました。

他の19人の方もそれぞれに過ごして、特に誰かに干渉することなく、自分の時間を過ごすことができます。資格の勉強や、株やFX、任天堂スイッチをやっている人など、みんなバラバラです笑

 

報酬について・・!

この項目が治験アルバイターにとっては1番大切ではないでしょうか?

治験は、『ボランティア』としての参加なので、謝礼という言い方をします。

 

ざっくり、謝礼については、1泊あたり20,000円の計算でいいかもです。

今回僕は、9泊10日で、20,000×9と、その後の通院7回を含めて、25万円の謝礼支払いでした。

 

やはり高額というのは否めませんね!!

治験は、危険だから高額になる訳では決してありません。

なぜ高額になるのかというと、拘束時間の長さが1番の理由です。

 

食生活から生活習慣まで全て医者の言う通りにしたがって、病院にいなければならないからです。普段、徹夜や喫煙などをしている人にとっては、結構きつく感じてしまう部分ではあります。そして、入院期間が長くなればなるほど、高額になるのは説明する必要もないでしょう!

 

以下を参考にしてみると、その治験の謝礼についてより詳しく知ることができます。

goodmonitor.web.fc2.com 

総じて、治験ってどうなのか?

 

結論から、僕個人的に、かなりオススメできます。

 

経済面から、まずは圧倒的な高額な謝礼です。そして、食費から健康診断費(心電図や採血など)も全て浮いてしまいます。健康診断は一回でおおよそ、5000円かかりますが、治験参加中はほぼ毎日それらを無料でやってくれます。長期的な面での健康管理こそ、病院代がかからないとてもいい節約になります。体は絶対的な資本ですので!

 

そして、1日13〜15時間くらい、自分の時間を確保できることです。採血や心電図以外の時は、僕は色々な本を読んだり、ブログを書いたり、インターン先の仕事をリモートワークでこなしていました。普段の生活でも自分を律せない限りは、難しい時間の量ですが、治験ではめちゃめちゃ有効活用できました!何か集中したい作業がある人は、ぜひ治験アルバイトを、その作業合宿として利用することをオススメします!

 

また物は言いようかもしれません。しかし、僕が経験した治験ボランティア無しにして、病気や怪我の新たな治療薬は世の中に出回らないということです。実感はないかもしれませんが、医学界や人類への貢献度はそう低くはないはずです。みんながみんな支え合って生きていくのが人間社会です。人類社会への貢献という壮大なことを考えながら、『治験』を検討してみてください。

スポンサーリンク