しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

僕が歴史(ヒストリー)好きな2つの理由!歴史が嫌い・苦手って人はぜひ読んでください

スポンサーリンク

学校の授業科目にある、日本とか世界の昔話。『歴史』

世界中の、色んな人がいっぱい生まれては戦って、なんか仲直りする

地球上に名を残す一連のキャラクターたちが織りなす出来事の連続。

 

僕が趣味として歴史が好きな理由を語ります!

醍醐味までは行かないかもしれないけれど、

少しでも興味持ってくれる人がいたら嬉しいです。

①:いつもの毎日と違う世界が展開される舞台!

僕たちはいつもと違う世界をいつも探しています。俗に言う『非日常』を

 

いつもと違う場所に行ってみたり、俗に言う『旅行』

 

いつもと違う美味しい者を食べに行ってみたり、俗に言う『外食』

 

いつもと違う人に会いに出かけたり、俗に言う『出会い』

 

新しいリフレッシュさで、毎日をイキイキに過ごしています。

 

歴史とは・・・すでにこの世に存在しないすべてのものごとです

 

旅行であれば、その行き先が誰かの日常かもしれません。

 

外食であれば、その料理人にとっては日常かもしれません。

 

出会いであれば、これは難しい笑 非日常だったり日常だったり。

 

すでにこの世に存在しないものこそ、全ての人にとっての、絶対的な非日常であるのです。

その出会いがあるのが、歴史という体験の場であるのです。

 

今の世界では絶対に遭遇できない舞台が歴史の場

だからこそ「非日常でおもしろい!」って思えるから好きになりました

歴史ってどんな場面で体験できる?

堅苦しい調子で書き綴るのは、少し休憩!

 

 どんなところに歴史があるのかーー?!って話ですが

みんながやってきたように、学校の教科書がまず典型的な真面目な歴史!

 

僕個人としては、教科書の歴史って、つまんないですワーーー!文字!文字!文字!文字!で、ストーリーも抽象チックで、パッとスッと頭に入ってこないし!詰め込め!暗記だ!みたいなスタンスも嫌いやし

 

特に僕がオススメする最近の歴史との出会いの場は・・・ 

  • ギリシャ神話とか、ケルト神話などの神話や図鑑!

▶︎:神話ってものすごくおもしろいんです。昔の言い伝えで出来上がったストーリーは、今の世界観とはまるでかけ離れているんです。

今となっては、科学がありますから、雷や竜巻、土砂崩れなどの自然現象を説明できますが、大昔では説明できません。

それを魔獣や精霊によって引き起こされたと信じる世界にタイムスリップできるので、とてもオススメです!

 

*ちなみに、ケルト人は文字を持たない民族だったので、文字以外での表現はとても、感性溢れんばかりのセンスがみなぎっております!

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ_K5h7GQ-_gFEPt9GPBxLZTNJQa30VUe09GUVqeW0agDwFjKf5

引用:celtic myth illustrations

今の世界では誰も行くことのできない世界への旅ができるのが歴史舞台。

スポンサーリンク

 

②:すでに何かをやった人を追体験できる!

小難しい言葉を使えば、『教訓を得る』的なそれ!

 

特に僕が好きなのは、世界の誰でもいいです。人のやったことを知ることです。

 

さらに、それを人がやって、その人はどんな感情や気持ちなのかを知ることです。

 

例えば、『ビルゲイツ以上、人類史上の億万長者、マンサ・ムーサ』について記事を書きました。

www.makoto-sencho.com

彼は、その時に存在するものすべてを手にすることのできたある王国の王様

地球の3分の1の財産を、この彼一人が持ってました

 

そんな、彼のやったことや、思ったことを追体験できるのが歴史の醍醐味!

 

地球最強のお金持ちともなれば、さぞかし、幸せだろうと誰もが思います。

 

しかし、彼は生前に、財産を持つことで、財産を手放すこと、身を狙われることが怖くて、毎晩落ち着けない。と言っているのですっ。

 

普通に生活をしていたら、まずはこんな人と知り合う機会なんてまずありません

しかし、歴史の舞台という二度と取り返せないし、永遠に残るタテの軸の移動で可能となります

 

歴史に生きた人は、今の価値観ではありえないものを持っていたり、時にはいつの時代で通じるような価値観の人物もいます。

 

こんなことを知って追体験することで、今の時代にその人の考えを持込めて、

自分の価値観に影響が与えられて、新しい何かに気づくきっかけになります

歴史が嫌いって人の意見ももちろんわかる!

嫌いなものは嫌い!これは仕方がない!

嫌いなものって無理にやったってどうしようもないし、拒絶反応を招きかねません

少しずつでもいいので、好きに近づけたらいいかなってゆるい感じな僕です

 

歴史は、誰にとっても違う日を過ごせる舞台であって、

人の気持ちのエッセンスが詰まった人生の教科書にもなるのです。

これは変わらぬ僕が歴史好きになった理由だしこれからもやり続ける理由です

 

ぜひ参考にしてみてくださいね〜