しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

【2018年度版】就活にかかる費用(コスト)はどのくらい?!就活で10万円稼ぐ方法を伝授する!

スポンサーリンク

就活はお金がかかってしかたがない・・・

就活生になっても「費用(コスト)が壁になって行動を起こせねーわ!」

って大学生は多いはず 

 

今回は『就活コスト』を減らしつつも就活を使って稼ぐ方法を伝授します

 

ちなみに2017年度の就活生の平均コスト=16,1215円!

 

 20万円近くもの平均の就活コストがデータとしてありますが、実際に「何にお金がかかって」・「それをどうやって抑えられるのか」についてまとめますね

つまりここにコストがかかる!

細々とした就活グッズや身だしなみにお金がかかってくるわけですが詳しい内訳と節約術を紹介します

就活コスト①:スーツ・鞄・靴 

RPGでいえば、初期装備かつ必須装備!

紳士服専門店などで、就活一括セットで3万〜4万円程で揃えられます

メンテナンスも欠かせないし、コストが掛かり続けますね

靴は磨いたり、スーツはクリーニングに出したり、1番の大きな就活コストでしょう

節約ポイント:やはり一式セットを揃えること!コスパ大!

就活コスト②:美容室代 

第一印象に関わってくるので、物凄く大切な散髪代!

男子就活生として、QBハウスはかなりオススメです

10分1080円で散髪完了なので、時間もお金も節約できます

「こんな風に切って欲しい!」って写真をみせて10分で終わりなので簡単です

また0円からのサロン予約アプリ【minimo(ミニモ)】を使うのも有効!

アプリカットモデルの募集にのっかれば、0円で済ませることができました笑

minimo(ミニモ)/サロン予約
minimo(ミニモ)/サロン予約
開発元:mixi, Inc
無料
posted withアプリーチ

節約ポイント:QBハウスかminimoで1000円に!

就活コスト③:交通費・宿泊費

就活シーズンでは、就活イベントや会社説明会へ行く機会が増えます

会場へ足を運ぶための移動費用も避けられないですね 

特に、地方から東京へ就活する人は、高速バスや新幹線、飛行機(LCCなど)など、交通費もばかになりません

ビジネスホテルに泊まると、数万円が1回の東京就活で飛んでしまいます

節約ポイント:交通費支給の企業を探すか、夜行バス、LCCをフル活用!

 

就活コスト④:飲食代

会社セミナーや説明会では、しばしばランチ会も兼ねてます

大半がおごりですが、自腹で参加費を払うことも・・・ 

説明会の時間と他の面接時間の”合間”など・・・

カフェで過ごさざるを得ないこともしばしば

 

飲食代が積み重なってしまい、移動と待機が欠かせない就活シーズン特有のコストです

節約ポイント:コンビニのイートインスペースを重宝せよ!

就活コスト⑤:書籍代、履歴書 

会社情報や選考対策の本も結必要になります 

 例えば、選考の中でSPIや一般常識など、対策本を買ってトレーニングするんです

就活コストを下げたいなら、アプリを有効活用すると良いですね 

 

SPI問題・面接対策-Start就活
SPI問題・面接対策-Start就活
開発元:IKT HOLDINGS INC.
無料
posted withアプリーチ

ペーパレスの時代、スマホでどこでもサクサクトレーニングできた方が、いろんな意味合いで効率とコストパフォーマンスが良いわけです

履歴書や証明写真代も言わずもがな必要です!

スピード写真よりも、専門の店でとってもらい、就活を通してそれを使い続けましょう

 

その方が写真写りの印象が間違いなく良いし、

就活への本気度も企業側は少なからず、チェックしてるはず!

*最近は、オンラインで履歴書提出のところもあったり、手書きで履歴書提出もあったりと実にその企業によりけりなので要チェックです!

節約ポイント:無料アプリで十分!写真や履歴書は質の良いものを長期利用!

「就活」では稼がなきゃ損!!

「就活コストってどうやって抑えられるの」と悩む就活生!

コストを抑えられるどころか、むしろ稼げるんです!

 

この理由には、就活はビジネスの一環であることを知るべし!

就活生は、人材会社と企業の間にあるいわば商品であるからです

 

商品が動く時や商品が置かれているところにはお金が発生します

この理屈をフルに使い、自分が商品になりきってしまえば稼げてしまうわけです

①キャンパスキャリア:稼げる度★★★

東京の神田駅から徒歩1分のところで、会社説明会が頻繁に開催されています。

その参加に当たって交通費としてのクオカードが支給されます。

 

普通の説明会では、交通費は支給されることはまずありません。

しかしここでは、2時間半の5社の説明会で多い時で4000円のクオカードが支給されるのです。

 

就活ビジネスの商品として、就活生のポジションは美味しいんです。

とことん吸い取ってやりましょう!!!

クオカードを換金してしまえば、90%ほど現金が手元に残ります。

学生生活サポート事業はキャンパスキャリア | WORKS JAPAN

②サポーターズ:稼げる度★★★

サポーターズ | 学生と企業が支援でつながる 

サポーターズは、就活生を交通費の面からサポートしてくれるのです。

 

▶︎:サイト内で自分で企業を選択して、イベントへと参加すれば、

 翌月、東京在住であれば1000円、地方から3000円(以前は5000円)の支給されます

 

プロフィール情報から企業によりスカウトされたなら、

企業を訪れるサポート費も跳ね上がり、多ければ10000円の支給を受け取れます

 

イベントに関して、次々と更新されて参加し放題なので、ぜひオススメ!

しかも有名IT企業の選考を受けられるチャンスをゲットできます 

f:id:makoto-endo:20170804150540p:plain

出典:サポーターズ | 学生と企業が支援でつながる 

 

③アクセス就活:稼げる度★★

最もオーソドックスな合同説明会イベント!

数多く参加している企業の説明を受けるごとに(例:20分1ターン)スタンプがひとつもらえます。

 

その日に4つ集めると、3000円の現金が就活応援費として支給されます。

 

*イベントは連日開催が多く、3日連続参加してしまえば(例:14:00~17:00)、

9000円を就活しながら稼ぐことができてしまうのです。

詳しくは、サイトをご覧ください!

job.ac-lab.jp

④Rebe就活:稼げる度★★

株式会社リアライブが主催するイベント!

同様に、交通費として3000円が支給されるイベントです

 

企業の選考も兼ねているので、

イベントの中で、簡単な企業説明とグループディスカッションがあるんです!

 

そんなビビらなくて大丈夫・・・

3000円もらいつつ、選考受けられる・・・

そんな企業他にありますか?絶対にないですよね〜〜〜

 

時間帯は、17:00〜20:00で、会場は六本木本社! 

支給の3000円を片手に、出会った就活仲間と六本木で1杯なんか最高ですな 

rebe.jp

⑤:二クリーチ:稼げる度???

『ニクリーチ』 は超おすすめで贅沢なサービス!

サイトの運営会社はビズリーチですね〜

 

これ、今までとは違ったタイプの”稼ぎ”です 

名前の通り、焼肉へ連れて行ってもらえます。

 

スカウト・プロフィール情報を編集しておくと、

企業からスカウトメールが届きます。

 

日程調節して、焼肉を食べながら就活について本音を交えながら語れる最高のイベントです

 

正直、企業のど偉いポジションの人と焼肉をさせてもらうと、

ちっぽけに就活資金をかき集めようとする僕がバカらしくなります・・・

お金の直接支給ではないですが、人生勉強というプライスレスな稼ぎをすることができる点でかなりオススメです!

⑥:ピボット:稼げる度★★

就活モニターサイトならピボットという会社が最も有名で、稼げます!

 

登録して指定の企業の説明会や選考を受けて、終了後にアンケートを答えると1回300〜1500円の謝礼をもらえる仕組みです

 

会社側もデータを蓄積して就活市場に売っていきたいのでしょう・・・!

 

特に稼げるのが、有名企業のインターンや選考に進んだ人のインタビューモニターです

1回1時間のインタビューですが、3000〜5000円もの謝礼をゲットできるのです!

 

インタビューは時間がかかってしまいますが、アンケートならば隙間時間に回答できるので、『塵も積もれば山となる』で結構な金額を稼げるのではないでしょうか

 

有名大学(東京六大学など)に通い、一流企業を志望している人はこそモニターの需要も高いので荒稼ぎできるのでは!と思います

www.pvrbr.com

就活なんか稼いだもん勝ちじゃね?

稼げる方法として、外資系企業などのインターンシップに参加することがあげられるかもしれません。(4日間5万円など

 

僕は参加したことはありませんが、こうした情報をもとに就活生の金銭面での一助となるのであれば、引き続き更新していきたいと思います

広い視点で、人材会社と企業の間に流通する商品としての就活生であることを意識すること!

 

企業説明会やセミナー情報などを探していくと、さらに掘り出しなイベントも見つかるかもしれません 

「就活は費用がめちゃくちゃかかる!」っていう固定観念を打破することからはじめましょう!