Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

パンケーキが流行るその理由とこれからのパンケーキの将来像

 

5、6年前、颯爽と上陸し、ブームの名を轟かせたホットケ....パンケーキ

一時的で瞬く間に旅去ってしまうただ単なるブームではなく、

我々の生活に今でも密に結びつき、インスタグラムに一輪の花を咲かせる存在である。

 

一体、何がパンケーキを”永久ブーム”へと至らしめてるのか。

 

遡る5,6年前、空前の”オシャレ”空間ブームが戦略的に巻き起されました。

(そもそもの”オシャレ”を定義づける必要がありますが、ここでは割愛です)

 

例えば、喫茶店からカフェ、床屋や美容院からヘアサロンと言ったように、

外来語を含めての、現代化がオシャレ的な何かを意味しているのかもしれません。

 

その当初、オシャレ空間、すなわちカフェへの行く目的を作り出すために、パンケーキが戦略的に作り出されたという説が濃厚なようです!その時から変わらず、オシャレな立地の、オシャレな空間で、オシャレな食べ物のオシャレな写真を撮り、オシャレに加工し、
SNSにアップする。そんな一連の流れを組み込むことに、成功したのです!

 

 

だ、が!オシャレだけではないということをパンケーキ男子の主張を残します。

パンケーキ屋に惹かれる、パンケーキ自体に惹かれるその理由を徹底解剖!

 

好奇心と開拓精神に大きな大きな刺激!

パンケーキ男子が求めるのは、オシャレさ以上にも開拓好奇心!

以下のパンケーキを見ると一目瞭然でしょう。

f:id:makoto-endo:20170720093433j:image

(My Instagramより)

 

このイチゴに彩られたふわっふわの山。

フォークとナイフでもって、開拓し、己の口へと運び込む。

 

この行為自体が、未知のものを発見し、正体を暴く開拓好奇心をたっぷり刺激するのです。それが所以、近年流行りを見せるスイーツ男子ならぬ、パンケーキ男子の心なのです。

オシャレ以上に、最高の味覚のパンケーキ!

パンケーキはラーメンなどのように、辛口評論家は存在しないと言われてきました。

というのも、パンケーキを食べに来る大の目的は、”オシャレ”であるからです。

実際に、SNS上のパンケーキ写真には、パンケーキ自体の味については言及が少なく、日常のこと、例えば、今日何をしたよーー!などの話のネタを支える役割を担っていたわけです。

 

が、そんなパンケーキは黙ってはいませんでした。

強い奴が生き残るのではなく、変化する奴が強いのだ。ダーウィンの文句が象徴するように、

人々の味覚が完全に慣れ、パンケーキからの離脱を防ぐため、味も進化していたのです。!


f:id:makoto-endo:20170720111739j:image

 

以前訪れた、FLIPPER'S。

『奇跡のパンケーキ』の名を持つものを口にした瞬間、”奇跡の美味”が流れ込み、今までのパンケーキモデルの崩壊。写真でその絶妙なふわふわ感やとろとろ感が伝わったでしょーか!これ以上言及する必要なし!!!!!

 

このように、従来”オシャレ”がパンケーキ屋を訪れる一番の要因でありましたが、人間の基準というものは日々上がりつつあります。それは慣れるからです。その最中、台頭してきたのはこのFLIPPER'Sに始まる、奇跡の味を主張した、より美味しさを追求したパンケーキなのです!

 

パンケーキブームの再加熱、これからさらなる飛躍が期待されるでしょう!

新たなパンケーキモデルの再構築や崩壊に、期待しましょう!

ぜひ一度訪れあれ!

 

 

 

FLIPPER'S 吉祥寺店

食べログFLIPPER'S 吉祥寺店

flippers-pancake.jp

スポンサーリンク