Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

少年期にやっておきたい【秘密基地作り】で培った4つの能力たち

ふと地元に帰ると、よく遊んでいた公園の道を通るたびに、

『昔はよくここで遊んだな~』と郷愁に浸るような年頃にまで、成熟しました。うむ。

 

 

あれほどにまで、時間を気にすることなく外を走り回る底なしの体力を持っていた頃。

 

あれほどまでに、泥まみれになり、時々ケガをするなり、好奇心を爆発させていた頃。

 

あれほどまでに、巨大落とし穴を作るなり、奇形かまくらを作るなり、奇抜な創造性を発揮していた頃。

 

 

そんなすべてが懐かしい想い出で、ふとした時にフラッシュバックするんですよね。

今こんな姿となって、何を伝えて残せるかを考えたら・・・・

 

 

そう。少年時代に、【体力・好奇心・創造性・協調性】の育みに最も生かされたであろう最強の遊び、『秘密基地作り』の魅力とススメについて、懐かしい想い出にひたりながら、しっぽり書いてゆこうとおもいますね。

 

『秘密基地』とはそもそも・・・?

f:id:makoto-endo:20160930124558p:plain

具体的な定義は、おそらく存在しないのかと思われますが、無理やり押し込みます。

 

秘密基地とは、少年の少年による少年のための少年のみぞ知るものであり、山や海や川、木、岩、すべての自然の対象と一体となり、彼の体力や想像性と創造性をフルに使って、0から創りだす、秘密の隠れ家のことである。

 

 

もちろん、即興で思いついた”オレの秘密基地”定義です。

 

では、ひとつずつ【体力】【好奇心】【創造性】【協調性】の要素がどのように育まれてゆくのかをみてゆきますっ!

 

 

①体力の増強

初期のスキルに木登りは前提です。

それは冗談だとしても、木や岩を運び、野を開拓してゆく営みには体力は必要なものですし、開拓してゆく日々ごとに増強されてゆくのです。

 

夢中になりながらも、汗水を流して、秘密基地の完成に刻々と近づく。最終的には、強靭な肉体とこれからの思春期や青年期にかけて、大事になってくる、基礎体力の心配は全くなくなります!

 

あ・・入ってはいけないところはダメ。あと、ケガだけには気をつけましょう絶対に☆

 

 

②好奇心の育成

秘密基地の定義でみたとおり、自然を材料として0から生み出すということは、フルにアタマを働かせて、試行錯誤を繰り返すことになります。

 

こことここをつなぎ合わせたらカッコイイ!、だとか、ここにロープをつないできたら、こことそこを行き来できる!など、無限大に、少年の工夫の実現のサポートとして秘密基地はあるのだと、振り返りますね!

 

これも、大人になっても、試行錯誤の面から絶大な支えとなることまちがいなしです!

 

 

③創造性

上の好奇心の育みと似たような部分はあるかもしれないですが、好奇心が行動に移すための原動力であるとするならば、むしろ逆で、どことどこを改良するのか、なにとなにをもってきて、どのように組み立てるのかといったアイデアの誕生こそ、創造性の育みではないでしょうか!

 

ちがった言い方をするならば独創性も育めるはずですよね。

独創性と創造性の交わりが最高潮に達した時、発明者として大成するでしょう。

 

④協調性

秘密基地作りは友達と協力プレイをするから楽しいんです。0から友達と自分たちだけのオンリーワンな基地を作り上げるだけあって、互いの協力無しにはできあがりません。(当時は全く気にしていませんでしたが)。友達にひとつ助けをお願いして、ありがとうと言う、素朴なやりとりですら十分な協調性ですし、大人になってからも大事な大事なスキルです。

 

そう、0からみんなで何かを作り上げた経験に、秘密基地を就活では語るべき。

 

 

秘密基地で培ったこれら人間の基礎的な能力たちは、いつ、どこで、活躍の場が訪れるかはわかりません。もしかしたら、小学校の図工の時間に秘密基地で培った創造性を発揮して、奇抜で芸術的な作品を作れるかもしれませんし、就活の場でのグループワークで協調性(みんなの気を配れる、目を配れる)に繋がるかもしれません。

 

 

それは、秘密基地を作ったもののみが、結果論としてわかるもの。

 

 

PS:当時、ただ自分だけのスミカがほすぃ。そんな中二病に似る病気の現れにしかすぎなかったことを最後に、報告致します。はちゃめちゃな記事になりましたこと、どうぞお許しください。では!

スポンサーリンク