Share The World

荒れ狂う人の一生!大海原への航海術をお届け!!

スポンサーリンク

オーガニック野菜・有機野菜を食べることのメリットたちと思うこと。

有機野菜・オーガニック野菜と聞くとみなさんはどのような野菜を想像しますでしょうか?

 

東京の表参道や青山のランチプレートを悠々と食べるキラキラ女子を思い浮かべる姿であったり、あきらかに、本来の生命力を放った野菜本来の色鮮やかな姿だったりを想像するでしょうか。

 

オーガニック野菜とは・・??

 

実はオーガニック(日本語では”有機”)の絶対的な基準はもうけられていないまま、ようやく『有機JASマーク』という有機野菜の証明となるものが2001年に整いました。

 

このマークが意味する野菜とは・・

 

⇒化学肥料、農薬を使わない期間が3年以上の土壌で育て上げられた野菜。

 

⇒検査員などの第三者からも認められた野菜。

 

こうした人為的な農薬や化学肥料に頼らずに、野菜本来のもつエネルギーと、太陽や土や水すべての自然の生命力を活かして栽培された野菜のことであるのです。

 

個人的に、以下の写真たちにみられるように、野菜たち本来のカラーを見るだけでも活力を分けてもらえるような気もしますし、こうして野菜たちが集まっていると、まさに”野菜。それぞれの野菜はそれぞれの色を放ち、全体で、すべての野菜たちで色が調和している姿に、生命力を受け取れるような気がします・・!

f:id:makoto-endo:20160928122506p:plain

出典:http://lettre-du-nature.com/archives/1318

オーガニック野菜を食べることでのメリットたち

そんな良いイメージのあるオーガニック野菜たちの、具体的なメリットはいったいそもそもなんだったのでしょうか。もういちど、メリットたちをあらいだしてみようとおもいます。

 

  • 濃い味、美味い味、野菜の味

こうした味が生まれるのも、化学肥料の使われていない栄養価の高い土壌で育て上げられていること。また、収穫時期を早めるため人為的な操作が施されていなく、旬の時期に食べられていること。そして、水の含有量も少なく、天然の糖分が凝縮されていること。

 

どうしても日本では、有機野菜のシェアが圧倒的に少なく、また、手間暇をかけての栽培のため人件費に他の野菜と比べると多くかかってしまいます。しかし、”真”の野菜の味をたのしめることができるのは、有機野菜であるのです!

 

なかなか豆腐を克服できなかった人が、料亭の豆腐を食べて豆腐の美味しさに気づいて克服できたように、有機野菜を食べてみて、ニンジンやトマトを克服できて、日常的にも問題なく食べられるようになった!そんな方たちは多くみられるようです!

 

  • 他の野菜と比べての”比較的”な安全性!

オーガニック野菜の記事の中で、最も読者の方に意識してもらいたいこと!それは、”比較的”な安全性です。たしかに、通常のスーパーの店頭に並ぶ野菜よりは、放射線物質や遺伝子組み換えに関わってくる野菜ではないのは、安心でき、体にも優しいのです。それらはオーガニック野菜を食べるにあたっての1番の利点かもれません!

 

しかし、”完全無農薬”であるかどうか問われたら”否”であるのです・・

3年間は、農薬無使用の畑で育てることが原則でありますが、例外に安全性のたしかめられた21種類の農薬の使用は国によって認められてるのでした!

 

つまり、放射線物質、遺伝子組み換えの野菜でない、ということは安全には変わりません。が、実質、農薬は使われている可能性は高いので、”比較的”に安全でありますが、”絶対的”に安全であるかは、検討の余地がおおいにありそうです。

f:id:makoto-endo:20160928121424p:plain

出典:http://weheartit.com/

 

オーガニックブームには変わりない!?

自然と一緒になって、自然の流れや恵みにしたがって、野菜を栽培してゆく行いは、これからもますます、人間文明にとって必要なものとなってくるでしょう。

 

たとえどんなに現代文明が便利なもになろうとも、たとえどんなに便利な商品や発明が生まれたとしても、わたしたちの健康思考、健康維持が誰にとってのニーズであることは不変的であるはずなのです。

 

そんなブームに拍車をかけるべくして、たくさんのオーガニック野菜を全面に出すレストランやカフェなどがみられますよね。特に、ビュッフェスタイルで、生のオーガニック野菜をふんだんに食べられるレストランは一度入ってみてもよいかもしれません!

f:id:makoto-endo:20160928121928p:plain

出典:http://entabe.jp/news/gourmet/11395/cosme-kitchens-organic-restaurant-atre-ebisu

entabe.jp

おわりに・・

このようにオーガニック・有機野菜は他の野菜と比べると、安全面・栄養面で高い価値をもっているのは想像していた通りでした。しかし、化学や技術が発展する前、具体的には、自給自足を営んでいた時代、もともとわたしたち人間は、自然と一体していた生活を営んでいたはずですし、栽培するものすべてが今で言う、オーガニックと呼べるものであり、そもそもオーガニックという概念すら無かったのかもしない。

 

と考えると、複雑な話ですよね。

 

 

たどり着くところまでたどり着くと、

原点回帰に価値を見出すわたしたち。

 

 

発展、発達を追いかけて、行き詰まりを見せると

過去の栄光を取り戻そうとするお偉い人々たち。

 

 

どのようにものごとに価値を生み出すか、どのようにして価値を求めるのか。

そんな人間に通じるパターンをオーガニック野菜から少しばかり見える気がします。

 

原点へ戻ろうとする力により、次はどんなモノゴトの価値が高まるのでしょうか。

これからの”オーガニック”の姿がたのしみです。

スポンサーリンク