しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

【計画性】を養うために僕が心がけていること

スポンサーリンク

抽象的な話題かもしれませんが、計画性】について語ります

どのようにして【計画性】を身につけてゆけるのかについて経験を織り交ぜながら語ります

そもそも【計画性】ってなんだ?

達成したい、目標としたい事柄に対して、プロセスをきちんと練りつつ、各段階で障害が現れようとも融通のきく柔軟性や行動力を併せ持った性格のこと。

そんな人を【計画性】のある人と呼びます。

どのような目標設定するかによっても、【計画性】のハードルが変わります

 

例えば、今日1日をどう過ごすのかといった日常生活的な【計画性】から、将来起業して成功させるといった人生設計的な【計画性】から実に幅ひろーいはず!

 

【計画性】のある・なしは決して性格の問題ではなく、意識して改善を目指せば誰でも計画性を養うことができます!

 

そこで、【計画性】を養うための最重要の方法として位置づけてるのが・・

 

わかりやすい目標と道筋を見える化すること!

ではないでしょうか?

その理由と具体的な例を挙げていきます

抽象的な目標でないところがポイント!

⇒漠然と膨大な目標設定であった場合に、必ずやぼやけてしまうからです!

  • 会社をいつか作る!
  • 英語を話せるようにいつかなる!
  • 世界平和にいつか貢献する!
  • 芸能人にいつかなりたい!

などなど、立派ですね〜〜!

大切なことは、目標の【抽象⇒具体】の作業を行うこと!

 

目標が芸能人になるならば、

どの分野の”芸”(モデル、俳優、歌舞伎、落語、作家)に秀でる可能性があるのか、今一度考える必要があるでしょう

 

「モデルになる!」とひとつ具体化ができたなら、ファッションモデルなのか、パーツモデルなのかなど、もっと【具体化】をしてもいいですね

 

具体的な目標を設定しないからには【計画性】のなにもありません

では、いよいよ計画の【性】の精度を上げてゆく方法になります

目標達成までの道筋を見えるようにすることがポイント!

意外と実行に移せる人は少ないのではなでしょーか?

 

具体的な目標を立ち上げたとしても、闇雲にクリアしようとするだけではNG!

「目標達成までの距離がわからない!」「そもそも何に対して頑張っているのだっけ?」と、自分を見失ってしまう危険性もあることでしょう。恐ろしい

 

まずすべきことは

  • 目標設定の段階で、今自分はどの位置にいるのかを確認すること!

また、逆算することで目標達成までに、『どのくらいの時間』や『努力』が必要かもわかります 

合わせて、最終目標達成までの道中に、小さな目標をおいてゆくことも鍵ですね

 

道筋の可視化(見える化)であり、自分を見失うことなく、最終地点へと導く道しるべとなるのです

 

(*森の中で迷わないように、道中に飴玉をひとつひとつ落としてゆくあれを想像してもらえれば、わかりやすいですね〜メルヘンの世界!)

 

目標の中もで、ダイエットや貯金など、数値で目標を立てられるものならば、やり安い部類ではないでしょうか

で、10kgダイエット成功させるまでの間に、細かい目標を必ず作ること!

 

そのちっちゃい目標を達成した時に、自分へのご褒美をあたえてあげることも、計画性を支えるモチベーション維持にかなり効果的であったと、5kg減量に成功させた僕の体験から言えます

 

 計画はあくまでも「計画」だぞ!これ大切

『言うは易し行うは難し』です。人間なのですもの

あまり背伸びのすぎた目標をおいても、頓挫しかねません

 

減量しようとしたときも、「夕食は絶食!」を当分の目標(というかルール)にしましたが、ハードルが高すぎてしまいました。

で、むしろやけ食いしてしまった惨事は、今となっては良き思い出です

 

【計画性】を養ってあげることで、年、月、週、日で、やるべきことを完了した充実感に浸れることでしょう

 

着実に目標達成まで近づく達成感も味わうことができ、毎日が有意義なものとなるよう約束します

 

まずは、

  • シンプルに目標をわかりやすいものにすること!
  • 無理のない小さな目標を道筋に置いてあげること!

これが【計画性】を養うための1番効果的な方法である!!

と経験から大きな収穫を得ることができました

ぜひ参考にしてくださいね