しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

スポンサーリンク

2度寝の後はもっと眠くなる?2度寝しない習慣作りが大切だ!

スポンサーリンク

 

二度寝の寝起きは、最初の寝起きより、眠気が増している?!

そんな疑問を調べます

 

例えば、6時に起き、スヌーズ機能を頼りにし、いつの間にか再び寝てしまい、1時間のタイムスリップ、そして7時。6時時点より眠気も倍増。そんな経験はありませんか。私だけでしょうか。

 

二度寝の瞬間は至福のひととき。

でも覚めた瞬間はもっと眠たくなって「ううううう・・・眠い」と唸ってしまうもの

 

なぜ、6時の1発起きよりも、7時の2度寝起きの方が、眠く感じるのか?!

f:id:makoto-endo:20160417163626p:plain

こんな説があることがわかりました!

 

入眠時状態へ逆戻り説

6時に一度目が覚め、うっかり二度寝してしまうと、睡眠サイクルが入眠時状態に逆戻りするらしい。

 

この1時間の間に睡眠が深い方向へとすすみ、再びアラームが鳴る7時においては、かえって深い眠りからの目覚めであり、寝起きがいっそう悪くなるという説なのです

 

*科学情報サイト『ASAP Science』によれば、体温が自然に上昇し、眠りが徐々に浅くなったときに自然に目が覚めるタイミングが最良いとされ、早めに就寝し、アラームの少し前に自然と目覚められることが理想らしいですね

 

二度寝には様々なタイプがありますよね

➀ゆっくりできる2度寝(特に週末)

②ついうっかりしてしまう2度寝

③スヌーズ機能と耐久勝負の2度寝(特に平日)

 

僕にとって悩める2度寝は、②、③でしょう

 

きちんとした睡眠サイクルを確立させて2度寝をしない習慣をつくりあげることが大切ですね。最初の良い寝起きをいかに習慣づけられるかにすべてがかかってます

 

精神的葛藤による2度寝睡眠の質のわるさ

スヌーズ機能を頼りに二度寝に入る例をあげました。

『あと5分、あと10分ぅううう、でも起きなきゃぁああぁ』といった、[もうちょっと寝ていたい」願望と、「起きなくてはいけない」義務感におそわれます

 

この精神的葛藤の中の睡眠では、2度寝中でも脳は機能しているのです。

余計眠気がでてしまい、心身に疲れがたまってしまうこともあるそうです。

やはり、2度寝をしない習慣をいかに保つかかがキーとなりそうですね。

おわりに

2度寝におちる瞬間はまさ幸せの権化ではありますが、後悔することがほとんど。

良質な睡眠をとることが大切なようです

 

あなたの2度寝対策を考えてみてください