しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

真の国際共通語!?地球語「エスペラント」の可能性と将来性!【参考書も紹介】

スポンサーリンク

 真の「国際共通言語」があったらなぁぁ

世界中の人々が話す言語が一緒になってしまえば、

「外国語が存在しなくなる!」、「語学で苦しむ必要がなくなる!」、「高校の英語の勉強いらなくね?!」的な怠惰な妄想が芽生えます

  

真の国際共通言語発見しました・・・・

それは・・エスペラント! 

エスペラントとは?

恥ずかしながら、すでに19世紀には存在してました

1887年、ポーランドのユダヤ人眼科ザメンホフさんが提案した言語です

ヨーロッパ言語を中心として、語彙や文法を整えながら、

比較的簡単に”国際共通語”としての言語を人工的につくったものらしい。

 

ユダヤ人の彼は、激しい民族差別に苦しむ人生を歩んでました

そこで、あらゆる民族間の公平で、対等なコミュニケーションに貢献し得る中立言語を作り上げることが、人生を通してのテーマになったのです 

どのくらいの人数が話しているのか

「エスペラント」はどのくらいの話者が世界中にいるのか・・

世界中で、おおよそ、100万人のエスペランチストがいます

(話者のことをエスペランチストっていいます、覚えときましょう)

 

日本であ1万人のエスペラント学習者がいらっしゃるそうです!

中国の12億人と比べてみてもごくごく少数ですが、アイスランド語の30万人と比べると、話者人口の面でまさってます

加速するグローバル化のなかで、”地球語”の本領を発揮するときはいつか訪れるのではないかとおもいますね〜

エスペラントの難易度は?

エスペラントは多彩な言語から多彩な特徴を融合させた夢のような言語り、

一概には難易度は決められないとのことなのですが・・・

 

語彙の中でも66%がラテン・ゲルマン系ということもあり、西欧言語的性格が明瞭のようです!

エスペラントを理解しない人が聞くと、”スペイン語”のような印象もうけるようなので、どうしてもヨーロッパ系の母国語話者に初めの段階で、アドバンテージがありそうです

  

言語に難易度をつけるのにはどっちかといえば消極的ですが

西洋諸国の言語性質を多く受け継いでいる以上は、日本語とはまた離れている可能性もあり、わたしたち日本人にとっては、エスペラントはとりくみやすい、習得しやすい言語とはいえないのかもしれません 

エスペラントに対する批判もある

 バランス良く、各々の言語の長所から生み出そうとなると、

むしろ”カオス”な言語となってしまうそうです。

最大限に共通語として役割を果たせるとされているのが今あるエスペラントですね

 

(たしかに、日本語、アラビア語、中国語、スワヒリ語などの長所をもってきたらと考えると、ある意味では、飽きなさそうですが、カ、カオスですよね・・)

  

で、「国際共通語」としてのエスペラントは、その土地で話されてた現地語や文化を破壊してしまうのではないかという懸念もあります

 

人の言葉は文化を体現しており、密着に土着の文化と結びついています

 

ましてや人工言語であるエスペラントは特有の文化を持たないため(新たな時代にはこれが文化だと言われているかもしれませんが)、

世界を無機質なものにしてしまい、世界中の人々のアイデンティティをも壊しかねないと言われ続けています

 

現在は、”国語”としてエスペラントを定めている国は無く、補助語として機能しているだけの理由から、他の言語を侵食してしまう心配はまだ必要はないようなのですが・・未来は予測できませんよね・・

 

  

まだまだ日本においては、外国語といえば英語であるかもしれません

 

しかし、ますますグローバル化で人・物・情報がこれまで以上に世界中を飛び交うのは自明の理です

 

ドラえもんの”ほんやくこんにゃく”のようなひみつ道具が台頭してくるか、エスペラントのような”地球語”が台頭してくるか、これも時間の問題のような気がしてならないです

 

世界各地の土着文化の存続といったデリケートな問題も関わってくるだろうと思いますので、責任をもって、地球語としてのエスペラントのありかたをきちんと地球市民たちに考えてもらいたいと思います。(若干投げやり汗)