Share The World

荒れ狂う人の一生!大海原への航海術をお届け!!

スポンサーリンク

冒険の書 安全確保-物理的アプローチより-


おはようございます! 再び、旅の1ページを更新させてください!(恥ずかしながら、はてなブログスマホから投稿する術をおとといまで知りませんでした) スマホから失礼します!味気ないデザインですみません!!!



電車に10時間以上こもり、新たな地へ踏み入れようとしていますのりのりですまこっちゃんです(^^)




前回の記事で述べさせてもらったとおり、おじいさん、おばあさんは街でふつうの生活をしているわけです。



いかにして、旅行者ではなく、現地の生活者を演じることこそが、身の安全を確保する物理的アプローチのひとつではないかと提案させてください(^^)



最もスリ、ヒッタクリの対象とならず、防犯現地の日常の生活者となって化ける方法は、まずは服装からではないでしょうか!



仮に厳重な警戒で挑みたい旅行者は、スーツケースやバックパックは到着した際すぐにホテルに預けておくとよいかとおもいます!もちろん、端からみて旅行者として丸見えですので、お金の塊が動いているようなものです(笑)




荷物を預けたあとは、身だしなみを現地の人々のスタイルに近づけ、生活者を装います!


行き先の国々によって、また行かれる時期、季節によって、現地での一般的な服装は変わってくるとおもいます。旅立たれる際は、その国の服装を画像検索で調べておいてから準備にとりかかると入念だと言えそうです!


(ただの妄想劇でしたらすみません)完全オリジナルなヨーロピアン生活者を装うには、サングラスは個人的に必須アイテムです!少なからず日本人のひとりとしてのまこっちゃんは、サングラスをかけている街中の人を襲ってやろうとはまず思い立たないからです。。笑 (しばらく文章を書いてないせいか、稚拙な文章、話し言葉になってしまってます。ご理解ください)



少々のいかつさ(?)を雰囲気に付け加えることで、かなりの防犯効果を"個人的"に実感しているわけです。


しかし、他国でのサングラスは"いかつさ"をかもし出すものではなく、普通の装飾品としか映っていないようでしたらまこっちゃんは甚だしく勘違い野郎ですね(ToT)



2ヶ月弱をかなりダイナミックに動きまわっていますが、今のところ、なにか危険な目に会うといったことは幸い、皆無です。サングラス効果であると感謝するとともに、突発的な事故に会わないことを残る数日祈るばかりです(*_*)



後日、総集編を書いてゆく次第ですので、今はテンポよく報告とまこっちゃんの気持ちを載せるよう意識してます!!


それでは、今日も良い1日を!!!♪


f:id:makoto-endo:20160301212617j:image

スポンサーリンク