Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

冒険の書 旅先での安全確保と行動力-精神的アプローチより-

おはようございます!
もうしばらくは、8時間差更新にお付き合いください!



この頃日本が恋しくなって、"帰国したら真っ先に食べたい物リスト"をつくってしまうほどまでになりましたまこっちゃんです!



………だいぶ、末期です(*_*)




今回から複数の記事にわたり、まさに真っ只中である、ヨーロッパの旅を通して、まこっちゃんが感じたこと、悟り得たこと、等々を幅広く、思い付いた順で書き残してゆきたいとおもいます!





帰国には総集編として、旅の複数記事のまとめと、これからの方針について改めてきっちり仕立てあげようと計画しております(^^)





具体的な観光スポット紹介、観光案内はあえて、この場ではあえて触れず(世の中には溢れるほど出回ってると思いますので笑)、個人的な、旅への価値をどう見いだしたか、にしぼりましょう!




まず先にあがってくるのは、旅先の安全面、治安はどうなのかといった不安に対するまこっちゃんなりの考えです。





異国の地で、新しいもの、刺激的なものを可能なかぎり多く見たい、触れたい、感じたいという好奇心を実現させたいものです!



ストレートにこれらが実行できる方々には頭があがりません(*_*)




常に不慣れの街、空間に中で、それにともなった移動の数や時間、人々との接触回数も増えてゆくと、何らかのトラブルに見舞われるのではないかと同時に、不安要素が大半を占める葛藤のような感情を私は抱いておりました。




この葛藤こそが、障壁でした。





しかし、行動なしにはなにも生まれやしないのですね。ふりしぼる勇気と先々の不安に捕らわれない大胆さ、がなにかと求められますよね!





いくら旅先の治安を調べても、問題、トラブルというものは局所的に起こるわけであり、その社会全体での治安状況は単発短期の旅行者の安全を左右しうるのか。と、どことなく変態な発想をしてしまう自分もいたり(笑)




なんとか自分に言い聞かせるわけです。こじつけでもかまいません。精神面から自分の安全を確保し、意識するというものです。




例えば、街中におじいさん、おばあさんが歩いている。買い物している。バスに乗っている。ということは、日常生活を行うにあたり、6,7,80年間は命の危険はなかったんだ、つまり安全なんだ 。と言い聞かせることだったりします(^^;)




たとえ、こじつけでも大丈夫です。




根拠の無い自信こそが大きな原動力となって働きますから!というのがまこっちゃんの旅の経験から得られたひとつのコツであり、安全面の不安を払拭し、次なる行動の後押しをしてくれるひとつの意識ですね!!





旅の安全確保は最優先事項であり、まずは精神面から(起こる可能性低い)不安をいかに取り除けるかが安全に快適に旅をすすめられるのではないでしょうか(^-^)






人生のさまざまな局面の際にも、こじつけであろうと、根拠の無い自信を構築することで、不安は取り除かれ、行動力も盛んに醸成されるはずでしょう。





f:id:makoto-endo:20160229165236j:image

と、オーストリアのとある町からまこっちゃんは声をあげています(^^) 
それでは良い1日を!!!!

スポンサーリンク