Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

外国語としてのアラビア語学-アッサラーム・アライクムから考える-

こんにちは!最近の至福のひとときは、二度寝に入る瞬間です。わざわざ夜中3時にアラームをセットして、強制的にその瞬間を生み出すのですが、連日それが続いてしまい、軽く寝不足を感じていますまこっちゃんです!

 

 

 

昨日は期待しない思考法ということで、私たちの生活におけるたくさんの場面で、高められた期待を下げることにより、精神的ストレスの重荷も下りるのではないかという内容でお送りいたしました!

 

 

が、本日はまた打って変わり、何を思い立ってかは不明ですが(笑)、アラビア語について少し紹介できたらなという内容でお送りします!

f:id:makoto-endo:20160107182029p:plain

 というのも、私たち日本に暮らしている人々はまだまだ”アラビア文字”に見慣れないのは全くも当然のことですが、厄介なことに、唯一見られる場面としては、テレビや新聞などネガティブな報道のみの時ではないかなと思うのです。また、ネガティブな情報は、脳内でどうしても強固なものとなってしまい、固定観念の形成に繋がりかねないのかなあとやや不安をいだいております。(みんながみんなというわけではもちろんありません)

 

 

 

例えば、

.السلام عليكم  أستمتع باللغةالعربية مع أصدقاي والمدرسين كل يوم

 

 

 

毎日先生と友達と勉強楽しくやっていますの”アラビア語”であるのですが、アラビア文字を見ただけで、ネガティブなイメージが先行してしまう私の友達も中にはいました。

 

 

 

どうしても、文字の質から馴染みの無い言語、遠く離れた国の言語、イスラーム教に根ざした言語ということもあって、私たち日本人とは馴染みのないのは仕方がないことではあると思うのですが、これから将来にかけて、もっともっと国内でアラビア文字を見受ける機会は増えてくるとなると考えると、いささか、心配すべきことであるかなあと、急に書きたくなりました!!!

 

 

 

 

国内でアラビア文字が見受けられる機会が増えてゆくであろうというのは、様々な社会的、政治的要因が関わってくるのですが、少子高齢化⇒労働力確保⇒移民受け入れという流れが可能性としては高いのではないかなと現代段階で推測します。(もちろん移民受け入れ拡充の検討については多くの議論がなされているため、まだ未知ではありますが、可能性の問題ということです!)

 

 

 

 

そこで!本稿では”アラビア語”を学習していて個人的にイイな!!♪と思い、惚れてしまった事実をアラビア語学習の紹介も兼ねて書かせていただこうと思います!

 

 

 

それは、挨拶、アッサラーム・アライクム”السلام عليكم です!!!!!

 

 

 

こちらは日本語で言う”こんにちは”にあたるアラビア語の挨拶なのですが、基本的に日常生活の時間に関わらず一日中使われています!日本のこんにちはと比べたら少々長めの文句でしょうか?笑 10回も唱えたら覚えられますから、ご心配なさらず!!

 

 

 

なによりも、イイな!!と思ったというのも、アッサラーム・アライクムの日本語訳でした!

 

 

 

 

それは・・・”あなた方の上に平安あれ”という意味だったのです。

 

 

 

 

私も勉強し始めた当初は、ネガティブなイメージが先行してしまい、どうなることやらと不安をかかえていたのですが、まるごと一気にふっとびました!

 

 

 

うしても、情報量的に、中東の紛争、テロリズムイスラーム原理主義者などがステレオタイプとして残っていた自分でした。しかし、本来は互いの平和を願う挨拶を交わしているのだから、もっと知ることで、たくさんの真実が見えてくるのではないかという確信に至りました。 アッサラーム・アライクム。これが、イイな!!と思わせてくれたアラビア語の挨拶でした(^^)!

 

 

もし時間に余裕がありましたら、少しアラビアンな世界を垣間見てください!

 

こちらは、私の好きなアーティストの曲で、しかもこちらは”アッサラーム・アライクム”なんですよ!♪

www.youtube.com

 

 

本日は、内容が180度も変わりアラビア語について少々思うところを書かせていただきましたが、少しでも興味を抱いてもらえるきっかけとなれたらなと考えております!

 

 

で、す、が、こんなポジティブキャンペーンをさせていただいた身としては恥ずかしい限りですが、やっぱりアラビア語学習は骨が折れます、難しいですヽ(;▽;)ノ 

 

 

それなりの覚悟をもって取り組み続けられることを条件に、ぜひ挑戦してみてください!

 

 

では、今日はここまでにさせていただきます、ありがとうございました!(シュクランشكرا)

スポンサーリンク