しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

失恋を経験すると人は強くなる?ブロークンハート症候群を乗り越えて

スポンサーリンク

 

 

『失恋人を強くするのか についてです 

 

簡潔に、僕自身も大(?)失恋を2度経験し、あれほど心身共に辛く、あれほど物事に対してやる気がまるでない時期はもうこないでしょう。

あれほど食欲が減退したことはこれらの経験をのぞいてこれまでにありません

 

(ひたすらウィダーゼリーだけの日々が続き、マイナス5Kgのダイエットに成功しましたと、今だからこそ自虐ネタが使えるわけです)

  失恋のストレスレベルは異常

まずは、失恋はどの程度ストレス量があるのかを確認しましょう

 

*ブロークンハート症候群*を皆さんご存知でしたか?

ストレス性心筋症状という別名を持ち、大好きだった人との失恋によ、激しく強いストレスから、心臓発作と同様な症状が現れること

を言うのだそうです。

 

かかるストレスレベルは、親族の死や失職など同等の強さだとも言われていて、人生においてそうそうに降りかかるものではないもの

 

また、失恋時の症状は各々に異なるらしいのですが、減退、睡眠障害、極度な不安ややる気の低下・・等々、私自身も経験したように症状としてあるそうですね。  

虚無感、脱力感喪失感に見舞われ、

”失恋”とは、心身共に本当に苦しい状態だと、科学的に証明されてます 

 

↑↑の失恋状態の症状を和らげる術に関しては、またの機会にし、焦点は、これら症状の失恋期を乗り越えた後、はたして、わたしたちは心身共に強くなっているのだろうかです

 

・・・・そもそも

失恋後に、強くなる”とはどういったことなのか?

 

自身の直接な失恋の体験でもって、大好きな人が離れてしまうことがどれだけ悲しかった、どれだけ辛かったを知る一方で、一緒にいた時はどれだけ幸せであったかを身を持って知ることにあります。

 

本当に大切だと思える人と巡り会えた際に、失恋しておいてよかったな。

思える日が来た瞬間こそが、その人の強くなった日なのです

そして強くなったその本人でしか気づけない真実でもあるのです