しぇあ・ざ・わ〜るど

しぇあ・ざ・わ〜るど

グローバルヒストリーの時代やで!

クリスマスの『シュトーレン』とは?本場ドイツのクリスマスの歴史を紹介!

スポンサーリンク

クリスマスが近づくにつれて、ショッピングモール内や街中のパン屋さん、ケーキ屋さん、お土産屋で見ることが多くなる

ãã¤ãã®ä¼çµ±èå­ã»ã·ã¥ãã¼ã¬ã³

クリスマス時期によく見ますよね〜「白い粉が降りかかった、謎に4桁の値段!」「ドイツ生まれらしきケーキ?パン?」くらいのイメージを持ってました

 

異文化理解の名のもと、キリストの生誕を祝うクリスマスにおける、シュトーレンの名前の由来・歴史・材料・食べ方をまとめます。豊かな国際的食文化理解を深められるといいですね〜〜

 名前の由来はどこからきた?

シュトーレンという名前は「坑道」を意味します。

トンネルのような格好をしているために付けられたそうです。

 

イエスの聖誕を祝うクリスマスのために、粉砂糖をたっぷりふりかけ、幼子イエスが白い産着で包まれている姿を見立てられ作られたケーキだそうで、

おそらく、名前は後から付けられたのではないかという説があります!

シュトーレンの歴史は古い

シュトレンの歴史は大変に古く、シュトレンの原点となる食べものの記録が最初に現れるのは、 ナウムブルク(Naumburg)という都市で1329年だそうです。

 

これは、当時の司教様にクリスマスの贈り物として献上されたものの記録だそうで、最古のシュトーレンに関する記録だそうです

まるで布にくるまれた幼子イエスのよ うに見えるので、クリスマスの贈り物に最適だったのだと伺えます

 

どうやってシュトーレンは作られるの?

バターや油が多めに使われており、ボリュームがあってずっしり!

 

各家庭やお店によって具材は様々ですが、スタンダードな具材は以下だそう!

www.cuoca.com

ベースの生地にラム酒漬けのレーズン、オレンジやレモンピール、スライスアーモンドなどの具材を中心に加え、さらにシュトーレン特有の配合スパイス(シナモン、バニラ、ナツメグ、コショウ、カルダモン)を混ぜ合わせることで完成! 

 

 

食べ方がユニークだよ!

シュトーレンは、すぐに食べるのではなく、日を置いてから食べます!

なぜなら、ラム酒やフルーツの香りが馴染んで、より味わいの深さをたのしめるからです

 

クリスマスまでの間に少しずつスライスし、徐々に変化する味とクリスマスまでの待ち遠しさをかみしめるのだそう

薄く切ったひと切れを毎日少しづつ食べるのが正当法らしいですね〜

 

 

薄くスライスし少しずつ食べたほうが良いという理由には、以下も関わってきそうです。

ふんだんにバターや砂糖、そしてラム酒漬けのフルーツが入ったシュトーレンは、高カロリーフードの典型だといえるそうなのです。

 

100gあたり350~500キロカロリーは驚きの数値かもしれません。

(やみつきになる美味しさのあまり、ちょびちょびと食べ分けることが苦手な方にとっては・・・自分自身への言葉なのですがシュトーレン恐るべしです)

 

 

バター・チーズ・ハチミツなどをのせて、オーブンに入れると、より贅沢に仕上がるそうです。そんなシュトーレンとともにコーヒーを飲んだら最高でしょうね

 

そんなドイツのクリスマスにかけての伝統と歴史が詰まったシュトーレンをわたしたち日本人が頂けることができるのは幸せなことではないかと思います。

 

イエス・キリストの聖誕祭であるクリスマスを迎えるまでの過ごし方をこのシュトーレンから日本とは異なるテイストの食文化を学べる良い機会ではありませんか〜