Share The World

荒れ狂う人の一生!!

スポンサーリンク

✎伝統的イタリア食卓学✎-マルゲリータを手がかりに-

週末はあいにくの雨模様でしたね。今日もこんにちは!!!

卒業論文そっちのけて何してるの!!との御ツッコミお待ちしております。

再びまこっちゃんです(´▽`)ノ

 

単刀直入に、本日の題目、加えて、無理やりこじつけて名目を学問チック化させてどうなることやらという懸念とともに、ですが挑戦です(´▽`)

 

ピッツァって美味しいですよね、のせられる具材の種類によって、マルゲリータ、マリナーラ、クワトロフォルマッジ、ビスマルクカプリチョーザ等々の豊富なバラエティにはじめ、肉厚なもちもちの生地で耳まで食べられることで有名なナポリ式ピッツァやパリパリと、こうばしく焼けた小麦の香りがたまらないローマ式ピッツァ・・と、語り始めたらとどまることを知らない本日のランチにピッツァを食べただけの私です。(´・ω・`)

f:id:makoto-endo:20151114214924j:plain

みなさんご察しのとおり、”マルゲリータ”でございます。どうやら私はオーソドックスで素朴な味覚を好む傾向があるようです!!よりダイレクトにそもそもの素材を楽しみたいというのが根底にあるからでしょうか。なぜでしょうか笑

 

 

イタリア料理と聞かれた時にパット浮かぶのが、ピッツァ、パスタであり、どうやら中でもピッツァの王道かつ定番を貫く”マルゲリータ”を歴史的変遷、由来等々を掘り下げることで何かしらの(意義の有る無しは置いときます)知見が得られるのではないかというのが今回の課題であります。〆(._.)

 

 

ちなみに、マルゲリータの具材はというと・・・

 

 

・バジル

モッツァレラチーズ

トマトソース

 

のみですね!!!!

 

これらの食材のカラーから推測できるように、イタリア国旗の緑・白・赤を表現しているのがこの”マルゲリータ”であるのです!(執筆している本人ですら最近ばくばく食べているというのに気付かなかった始末)

 

 

 

1890年代のナポリのピッツァ職人が当時のマルゲリータ夫妻を迎え入れるために、イタリア国旗カラーを象徴化させるように、考案され窯にいれられて誕生したのが、このマルゲリータというわけなのです!!

 

 

ただしかし、ナポリ、イタリア食文化の大きな影響を持つという事実もあり、真の起源の諸説をめぐっては現在も議論がなされているそうです(´・ω・`) 一般消費者としては、おいしい焼きたてピッツァを堪能することさえできれば満足なのが正直なところですよねヽ(;▽;)ノ

 

 

イタリア王国王妃マルゲリータ様のために

の国旗カラーの具材を乗せ、焼き上げたピッツァヽ(・∀・)ノ

 

 

乱暴にまとめあげると、これが”マルゲリータ”ピッツァであり、由来になります!

 

 

ここから、さらに疑問点を発見し、課題設定し、何かしら有益であろう知見を見いだせるのかという一連の定石を数秒考えてみます・・・

 

 

どうして緑カラーに”バジル”!?”バジル”ってそもそも如何なる葉っぱ?!

 

という雑学以上でも学問以下でも無い謎の境地の疑問点が生じてまいりました!♪

 

 

バジル・・・インド原産の、シソ科の一年草であり主に香辛料として使用される、とここまでは、まあある程度”だろうね”と予測はしておりました。が

 

☆ ラテン語由来の”basilicum”⇒”王らしい”

☆ ギリシャ語由来の”basileus”⇒”王”

 

はい。ちょっとした革命が脳内に起こり、これでにてすべてが繋がるというわけに至りました。

 

おそらく当時のピッツァ職人さんは、マルゲリータ様を歓迎される際に

イタリアの王”妃をむかえいれるわけだし、イタリアカラーのピッツァを作り上げようか。白はおけー!赤もおけー!うむうむ緑・・・・”王”!!basilicum,basileus,basilico~!!

 

 

という経緯でバジルが使われたのだと執筆者は祈るばかりであります(´・ω・`)

 

 

そこで議論はバジルとはそもそもなんなのだという形に移行します。

 

やはりバジルとは古代より”王家の薬草”と呼ばれており、様々な病の治癒効果があるハーブとして重宝されていたそうです。現在はとてもとてもポピュラーとなっていますが、主に香辛料ということもあって”トッピング”やすりつぶしてのバジルソースにするというのが使い道であるようです。

 

思いのほかにバジルの味とはどのようなものだか描けませんよね(´・ω・`)笑

それならば、栄養や効能などはいかなるものなのかというとまとめるといいますか、本当に特筆すべきは以下だそうです。

 

☆抗酸化作用.....〆

⇒βカロテンを大量に含むことにより、活性酸素から身を守り、そしてガン予防やアンチエイジングが期待できるとのこと。言うならば、王、、いやいやみなさんのための若さを保つ特効薬!!ということになりますね!〆(._.)

 

 

そうだからといってバジルをひたすら料理に用いるというのは困難が伴いそうですが、工夫しながらバジルを料理にトッピングしてゆく作業もまた、おもしろいのではないのかなとおもいます!

 

 

以上で、本日は自分の好みのピッツァ、マルゲリータから議論を広げ、その由来やら歴史を少々整理したところで、話は飛躍し、バジルとは一体、その栄養や効能はなんであろうという疑問をまとめあげた結果をもってお送りいたしましたヽ(´▽`)/

 

 

今まさに『チューボーですよ』でピッツァをとりあげた回が放送されていますが、

こちらが先手でしたというあくまでも便乗したわけではないんですよアピールで、本稿を締めくくらせていただこうと思います!!♪

 

みなさん明日も雨模様が予想されますが、体調に気を付けてお過ごし下さい!

それでは、おやすみなさい~~!!

 

~参考記事、URL~

allabout.co.jp

basilist.jp

matome.naver.jp

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク